2006年10月27日 (金)

アッラーの三人の娘

マナートManāt
イスラム教以前のアラビア半島で崇拝されていた女神。
運命、特に死を司る神で、また家の守護神としても崇められていた。クダイトには彼女の主神殿があり、黒色石が依代として祀られていた。
アル・ウッザー Al-‘Uzzā
単にウッザーとも言う。その名は「強力・権力」を意味する。
また、シリアでは明けの明星と同一視された。
彼女の主神殿は、ターイフからメッカへの隊商路沿いのナフラ渓谷にあった。そこには三本のアカシアの木があり、その一本にアル・ウッザーが宿るとされた。
その下には聖石と洞穴があり、生贄の血が捧げられていたという。
アッラート Al-Lāt
その名はアッラーの女性形で『女神』の意味。
アラビアの商業都市ターイフ近くの渓谷に主神殿があり、飾りつけられた白い立方石を依代としていた。

…いきなりなんだとお思いでしょうが、実は今を去る事一年前、このブログを開設した頃には、こういう内容にしたいと思っていたんですよ。

Wikipediaの書き込みの下書きに利用したいと思っていたんですよね。それがいつのまにかアニメの感想ブログになってしまって…。

まあ、感想を書きたいアニメも途切れてますし(もちろん見ているアニメは多いですが)、そろそろこういうのも良いかなと思いまして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)