2014年11月 4日 (火)

元禄本両界曼荼羅拝観

今日は、昨日に引き続き、頂き物の京都非公開文化財特別公開の招待券で、東寺の灌頂院に行って参りました。
通常一般には公開されていないこの場所で、これまた通常非公開の元禄本両界曼荼羅を拝観いたしました。元禄本の名の通り、江戸時代初期の元禄年間に、桂昌院が施主となって制作された曼荼羅だそうです。
これは、今でも毎年お正月に行われる五七日御修法という儀式で用いられる「現役の御本尊」であり、今回のように一般の参拝客が間近に拝観できる機会は滅多にないと言えるものです。

灌頂院に入ってみて驚いたのは、中が真っ暗だったこと。そして四方の壁の壁画と、道内の両壁に掲げられた曼荼羅にだけスポットライトが当てられていました。曼荼羅はもちろん灌頂院の建物自体も重要文化財だそうで、恐らくは貴重な文化財が紫外線や熱によって痛むのを防ぐためでしょうね。でもちょっと足元が危なかったかなと思いました。
壁画は、弘法大師やそれ以前の真言密教の祖師がたを描いたものでした。さすがにかなり退色していましたが、真っ暗なお堂の中に浮かび上がる曼荼羅の諸仏と諸祖師の姿は実に神秘的でもありました。

その後、東寺の他の場所も拝観。現在は秋季特別公開中で、宝物館と塔頭の観知院、五重の塔の一階部分が公開中でした。これに加えて講堂と金堂が拝観できる共通入場券がありましたので、1300円と少々値が張りましたが購入し、全てお参りいたしました。
Dvc00003
ちなみに紅葉しているのは桜ですね。春ばかりが注目されますが、桜には秋にもこんな美しさがあるんです。

いずれも素晴しい文化財の数々を堪能できましたが、私が今回特に感動したのは五重の塔の入り口のところにあった案内板の記述でした。
それによると、五重の塔の第一層は中心の柱を大日如来と見立て、その周りに五智如来の仏像を巡らし、さらに壁画として真言密教の祖師がたが描かれた「立体曼荼羅」と考えられるのだそうです。
東寺の立体曼荼羅というと講堂のものが有名ですが、あれは我々は書尊の安置されている場所の外から拝む構造になっています。
しかし五重の塔の場合は壁画と五智如来の仏像の間の通路を巡ってお参りする形になります。つまり、私たち自身が曼荼羅の中に入っている事になるんですね。

思い起こせば灌頂院もそう、曼荼羅と祖師がに囲まれて、私たちがいたんですね。あれは、立体曼荼羅の中心に、私たちがいたことになるんです。それに気付いた時、私はただ「スゴイ!」と思ってしまいましたよ。あれは、とても神秘的な体験だったのだな~と。

さてさて、今日も御朱印を頂きました。授与所となっている食堂にはものすごい行列で、20分ちかく並んだかな…。今回は、密教空間の真ん中にいるという神秘的な体験をしたことに因んで、密教の教主・大日如来の御朱印を頂きました。
Dvc00005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

金閣寺初参拝

今日は…日付が変わってもう昨日ですが、金閣寺にお参り致しました。
京都に生まれ育って結構経ちますが、金閣寺に行くのは実はこれが初めてなんです。小学校時代の遠足でもクラブの見学でもご縁がなくて、いつかは行きたいと思いつつもう私もこんな年に(汗々 )。

しかし先日、今秋の京都非公開文化財特別公開の招待券をさる方から頂きまして、金閣寺でも方丈の特別公開があるとの事で。、ようやく行ってみようかなと決断をしたわけです。

いざ行ってみると、入り口のところで通路が二列に別れていまして、左側が通常の拝観、右側が方丈の特別公開となっていました。そこでまず方丈の方の列に並び、本来拝観料800円のところ無料で入場させて頂きました。
こちらの方丈は、方丈の型式通り6室から成るシンプルかつ機能的な構造で、禅寺らしく禅定姿の観音さんが御本尊でした。室内写真撮影は禁止でしたので、こちらでもご紹介はできませんが、方丈廊下からの金閣の写真は撮れましたので…。
普段非公開の方丈からの、結構なレアショットだと思うのですが、松の陰に隠れちゃいましたね。私もまだまだ撮影のイロハが身についてないです~。
P_20141102_145008

その後改めて通常拝観の列に並び直しました。
拝観料400円を支払って、入場券を兼ねたお札を頂きまして入場。改めて鏡湖池側から金閣を撮影。嗚呼、京都に生まれて17年(オイオイ)やっと、ついに、金閣寺に来たんだなあと、感慨も一入でした。
P_20141102_145715
もう紅葉が始まっていますね。本格的な紅葉シーズンに入ればもっと混雑するんでしょうが、今日はそんなに「立錐の余地も無い」というほどの混雑でもありませんでした。

その後庭園を結構歩きまして、出口近くの御朱印所(写経やお守り販売を受け付ける「納経所」とはまた別にありました)にて、「舎利殿」の御朱印を頂きました。仏舎利(仏様の遺骨)を納めている施設のというほどの意味らしく、要は金閣のことですね。御朱印はもう一種類「石不動尊」のものもありましたが、まずは金閣の方から…ということで石不動尊のはまた次回の参拝の時に頂きましょう。
そういえば御朱印の料金表に「大判400円」というのがありましたけど、どんなものなんでしょ?

P_20141102_154827
最後に、御朱印所のとなりにお茶席がありまして、500円でお茶菓子を頂けるとの事。帰る前にしばし腰を落ち着けて御朱印の記念写真を撮りました。お菓子は餡入りの落雁に(金閣寺らしく)金箔をあしらったなかなか美味しいものでした。銘(名前)も聞いたのだけど、忘れてしまったな ~。

と、以上が私の初金閣寺体験でした。今日は曇っていたので、金閣の輝きが今一つだったらしいですね。また近いうちに、天気のいい日を選んで再訪したいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

5年ぶりに青不動さんに再会

本日は、将軍塚の青龍殿にお参りに行ってきました。お目当てはもちろん国宝「青不動」のご開帳です。
14痔20分ごろ、青蓮院から出ているシャトルバスに乗って15分ほど。ちなみに乗車賃として往復200円必要でした。途中、琵琶湖疏水沿いに新しくなりつつある動物園やインクラインを眺めつつ到着。
拝観料500円を現地で支払いますと、パンフと散華を頂きました。散華はお持ち帰り用の金刷りのものと、裏に願い事を書いて奉納する物の二枚セットでした。
Photo
Photo_2

青龍殿に入りますと、「15時から門主様による護摩法要がある」とのことで、そのまましばらく待ち、般若心経の唱和などのご随喜に与らせて頂きました。さらに法要後、門主様自ら青龍殿についての解説をしていただき、その間ゆっくり一時間近く青不動さんを拝観できました。
いや~、5年前の青蓮院でのご開帳の時には、大混雑であまりゆっくり拝観できなかったもので、今回は嬉しかったですよ。
門主様のご解説によると、青不動さんとの間には透明のガラスがあって、その向うは温度と湿度を厳密に調整した空調完備の収蔵庫になっているのだそうです。収蔵庫は木造に見えますが実際には分厚いコンクリート製で「爆弾が落ちても大丈夫」だそうで…。
青龍殿内は撮影禁止でしたので、青不動さんの写真は乗せられませんが、代わりに頂いたパンフレットの表紙をば…。
201410182__1
まあ、有名なお不動さんですよね。

御朱印は、青龍殿内で頂けました。朱印部は、一枚の大きな板にまとめて押せるもので押印、その後に墨書きして頂きました。
左上の「青龍殿落慶御開帳記念」の院は今回限定の物でしょうか。
P_20141018_155923

そんなこんなで16時10分頃にまたシャトルバスに乗り、また15分ほどで青蓮院に戻って参りました。

本当は青蓮院の方でも復元模写の青不動の初公開があったのですが、今日はちょっと時間的にあまり余裕がなかったもので、泣く泣くあきらめました。オリジナル制作当時の技術を絹布から再現している、本格的な復元との事で楽しみにしていたのですが、まあ、またの機会という事で、もこちらもパンフレットの表紙をご紹介。
201410182__3

ご開帳は12月下旬まで続くそうなので、私もまたもう一回ぐらいは拝観に行きたいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

両足院に行ってきました

建仁寺塔頭・両足院で、毎年梅雨時に公開されている半夏生の庭園拝観に行って参りました。
今年なかなか行く時間が取れないうちに時季も遅くなり、行くのやめようかなと思っていたのですが、「まだ大丈夫」というような情報をネットで見て、思い切って足を運んでみました。

T_20120707t1452
いやいやいや、盛りは過ぎたとの事ですが、半夏生の花(実際は花穂と白く色づいた葉だそうですが)なかなか見事でしたよ。

T_20120707t1452_2
で、今年のお目当てはお茶菓子。
この半夏生の庭園拝観、去年と一昨年にも行ったんですが、その時には時間が遅くて頂けなかったのですが、今回はなんとか滑り込みで間に合いました。受け付けで申し込んでから本堂や書院からお庭を拝観。その後一度本堂を出てから庭の奥のお茶室に行き、お願いする事になります。

このお饅頭が結構おいしくて驚きました。薯蕷饅頭というそうですが、皮の粘度が高くてお餅のような食感でした。お茶菓子を申し込むと、拝観料600円に加えてお茶菓子代500円取られるんですが、いや それ以上の価値はありました。

T_20120707t1442
個人的に気に入っている中庭です。ここ、井戸になっているんですね。
今年の公開は明日8日でお終いだそうですが、来年もぜひ行ってみたいですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

キタバチが今朝、閉店したそうです

北白川のアミューズメント施設「スポーツランド北白川」、通称キタバチ。旧称の北白川バッティングセンターの略だそうで。アニメ『けいおん!!』でも一度舞台になったり、1980年代半ばにはクリィミーマミの痛看板が立っていたこともあったな~。たしか当時ファンロードの町で見かけたヒーローさんのコーナーで取り上げられた記憶があるんですけど、いつの号だったか失念。
そのキタバチが閉店、跡地にはスーパーができるらしいです。

キタバチといえば…私小学生ぐらいまで近所に住んでいたんですけど、あまり想い出がないなぁ。あまり小遣いももらってなかったし(当時から)遊ぶ友達も少なかったし。
ただ、あそこに一時期までたこ焼き屋の屋台がありまして、銭湯帰りによく寄って、親にたこ焼きを買ってもらっていたものです。 実は当時学生向けアパートに一家で住んでまして、そこが風呂無しトイレ共同だったもので、必然的に銭湯通いだったんです。私って生まれたときから貧乏だったんですね~。

今となっては遠い昔の家族団欒の日々ですが、その舞台となった場所が、無くなるんですね…。また一つ、私にとっての昭和が終わりました。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

『けいおん!!』国勢調査ポスター&看板やっとみつけました

で、余談なんですが、正覚寺へのお参りの帰りに京都府乙訓総合庁舎の横を通ったところ、表題の通り見つけました。掲示板用のポスターと、
20100919t1659konposterlong_2 20100919t1700konposter_2

立て看板です。
20100919t1701konkanban2 20100919t1700konkanban

うちの近所には、なぜか京都市仕様のものと思われる普通のポスターしか見かけないもので、見つけたときには結構びっくりしたですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第十一番札所・摂取山正覚寺

厄払いのために、京都洛西観音霊場を巡礼しようと書いたのが、このお正月でしたか…。その後ご報告が全く出来ていませんでしたが、実は色々と回っていました。もう半分ほどになります。

で、ふと思い立って今日の分を…。本日は、第十一番札所・摂取山正覚寺に言って参りました。
20100919t1517syougakujisanmon

摂取山正覚寺、大山崎町下植野宮脇に所在の西山浄土宗の寺院。寺院本尊は阿弥陀如来です。札所本尊は、この阿弥陀如来の向かって右側の別室に愛染明王などと共に安置された千手観音。
この千手観音は、かつて淀川べりに建立した帰海印寺の塔頭・千手院の宝物であったと伝えられます。御朱印の左下の寺院名も「帰海印寺」とありますね。
20100919t2124syougakujigosyuin

ちなみにこの帰海印寺は、鹿ケ谷の陰謀で流罪になった平康頼が赦免された後、かつての同志の菩提を弔うために建立したものだとか。

それからこのお寺、なぜか本堂入口に不動明王が祀られていました。っていうか、本堂の階段に安置されているんですね~。上の写真では小さすぎてわからないと思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

無位の会・坐禅と般若心経の会参加(2010-08-08)

この日は喜春禅庵にて、第二日曜日恒例「坐禅と般若心経の会」に参加して参りました。ここしばらく猛暑が続いたせいかもしれませんが、今回は呼吸が短めにしか出来ませんでした。20分で50何回くらいでしたかね…。まあ汗が流れまくったのはいつも通りでしたが。
後で聞いた話ですが、和尚さんは夜も日課として坐禅をやっておられるそうですが、やっぱり大汗をかくから一日に何回も着替えないといけないそうです。

その後般若心経の解説がいつものようにありました。色々なお話があったのですが、特に興味深かったお話を幾つか…。
時々やれ「二時間座った」とかなんとか坐禅で座った長さを追求したり自慢したりする人がいますけど、徒に長くやるばかりが能ではない…、というようなお話がありました。まあ、確かにこういう事に必要以上にこだわり過ぎると、お釈迦さんも否定された「苦行への執着」になりかねませんからね。

それから盤珪禅師の「不生禅」は般若心経の「不生不滅」の一節を意識したものとの事。曰く「生じないものが滅することは出来ない。不生と不滅は同義反復だから不生だけで事足りる」との合理主義から来たらしいです。
また、今回は密教の「阿字本不生」についての解説もありました。 仏教のテーゼとして、万物は常に移り変わって一瞬も確かな存在ではないという考えつまり「無常」がありますが、その無常な姿の中に通底する真理がある。それをインド諸文字の潜在母音aに譬えたのが「阿字本不生」の教学だそうです。そして般若心経のいう「空」が、般若思想に於いて「阿字本不生」にあたる考えなのだとか。

そして茶礼では、最近話題になった育児放棄事件や高齢者の所在不明発覚問題、無縁死問題などに関連して、現代社会における社会的な繋がりの希薄化について色々と白熱した議論が戦わされました。いやいやいや、さすがに今回は法話後ティータイムなんて言える軽いものではなかったですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

無位の会・十一面観音様と般若心経の会参加(2010-07-18)

毎月18日は観音さんのご縁日。という事で、第三日曜日でしたがこの日は喜春禅庵にて坐禅がありました。言い忘れていましたが、喜春禅庵さんの御本尊は十一面観音菩薩で、毎月18日には諷経(御本尊の前でお経を唱和する)があります。

当日行ってみるとなにやら三門の前でお坊さんの人だかりが…。ひょっとして観音さんにお経を上げるための助っ人として呼ばれたのかなと思ったのですが、後で聞いたお話によると、建仁寺からいらした修行僧で、休憩させてもらうために来られたのだとか。こういう時、お寺は修行僧の為にいわば「お接待」をするのが決まりらしいです。
まあ、この日は坐禅会と諷経があって応対が無理だからと丁重にお断りなさったそうですが。実は私、当日の午後からその建仁寺の塔頭の両足院での坐禅会にも参加予定だったんですね。建仁寺さんとはなんともご縁があるなと思いつつ坐禅会開始。

といっても参加者は私と和尚さんの二人だけ(苦笑)。なにこのタイマン状態…。坐禅中とにかく暑かったのは前回と同じ、まあ今回は眠くならなかったが。
あと、今回は臨済宗式の坐禅での座り方についてのご指導を受けました。座布団は、臨済宗式では大きな座布団の上に小さな座布団が乗っているのを使用します。この小さな座布団は腰の角度を固定する為の物で「座る」為の物ではないとの事。一度上体を前に倒して尾てい骨を後ろに出すようにしてから小さな座布団を挟み込んで腰を固定するのだそうです。こうすると背骨がゆるやかなsの字状になり、上体をまっすぐにしてかつ丹田が前に出るようになるそうです。

その後、御本尊諷経にも参加させて頂きました。
坐禅の一般参加は私だけでしたが、ここからは常連さんがふたり加わって少しにぎやかになりました…。御本尊諷経には以前にも参加したことがあるのですが、前回と唱えるお経が幾つか違ったのが興味深かった。回向文も手書きの奉書紙を読み上げたもののようでしたし、和尚さんの裁量である程度変えられる物のようです。

今回唱和したお経は、観音経・世尊偈、般若心経、消災呪、そして回向文は和尚さんが独唱してその後延命十句観音経、四弘誓願でした。消災呪は前回参加したときには唱えなかったので興味深く思いました。唱え方は普通に漢字一文字に木魚一打でしたが、経本によっては独特の節が付いているらしいものもあるんですが…。
その後お茶菓子を頂きつつお話…といっても今回はお経の唱和で一仕事でしたので、堅苦しい話は無し。ほぼ世間話に終始し、今週の坐禅会と御本尊諷経は無事終了いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

無位の会参加 (2010-07-11)

本日も、近所の禅寺・喜春禅庵で月に二回開催されている日曜午前の坐禅会「無位の会・坐禅と般若心経の集い」に参加して参りました。

時折激しい雨の降る中の坐禅となりました。今回は妙な夢は見ませんでしたが、坐禅中は不思議に暑かった。 座っている間とにかく暑くなり、汗が垂れてきて不快だったんですよ~。
坐禅をしていない時には特に暑くなかったのに、なぜだったんでしょ?

一時間ほど坐禅の後に法話。例によってメインの内容は般若心経の解説ですが、今回興味をひかれた内容としては、快楽原則に則って怠惰に過ごすことが必ずしも「自由」ではないというお話。それは「欲望に支配される不自由」ではないかという事ですね。

今回法話は結構長かったんですが、その後茶礼…というか、お茶菓子を頂きつつ世間話をする時間となりました。個人的には法話後ティータイムと呼んでいるんですが(笑)。
今回は雨宿りを兼ねてかなり長く話し込みましたね~。結構プライベートな話もあったので詳しくはここにはかけませんが、話題の中で気になったのがお葬式のこと。
ご存じの通り最近色々と批判されていますし、またそれに対する再反論も色々とされていますが、今回は「葬式の簡素化は逆に遺族の経済的負担を増す場合もある」という話題に…。
具体的にいうと香典の事ですね。参列者が沢山来て少しずつでもお金を出せば、遺族は葬式にかかった費用もいくらかは回収できるし、参列者もお金を出すという形で弔いに関われるので、悪いことでもない…って事。

あと、結婚式のお祝いより香典を出すべきだ、なんて話題も。
そもそもお幸せな状態の人が更に周囲からお金を取るのはいかがなものか。むしろ不幸な人にこそ援助が必要で、幸福な人こその幸福を周囲にお裾分けしろってお話です。私もなるほどと思いました…。昔は幸せのお裾分けをする「餅撒き」なんて習慣もあったらしいんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)