2008年2月11日 (月)

ARIA The ORIGINATION 第3話 「その こめられた想いは…」

「にゃんにゃんぷうパーフェクトガイドブック近日発売!」
テレビ大阪 2008/01/24(Thu) 02:25-02:55(JST)

にゃんにゃんぷうって、新聞の四コマ連載もやっていたんですね。いわゆる一つのメディアミックスという奴ですか。

灯里たちが、サンマルコ広場で出会ったチョコレート売りの青年アンリ(またご丁寧に『あ』始まりの名前)。
実は彼は、姫屋と提携しているホテルのパティシエなのですが、自分でもこうして出店をしていたのでした…。

さてさて、今回は、マンホームの現状についての具体的なセリフがありましたね。ヴェネツィアは水没しており、そしてこのネオ・ヴェネツィアでは、本当のヴェネツィアにあった歴史ある建造物が、たくさん移築されているのです。
ちなみにカフェ・フロリアンもそうしてマンホームから移築した建物の一つ。店の常連の割に、今まで店内で一時を過ごした事の無かった灯里。改めて入ってみて初めて、その、それ自体が美術館のようなたたずまいに感動するのでした…。

やはり、地球温暖化による海面上昇によって、かつての地上は水没しているという事でしょうか?
まあ、最近のSFでは割とよくある設定ですが(『光と水のダフネ』とか)、そう考えると、かつてのアクアの人々には、この新天地でかつての地球の文化を継承していくという使命があるという事でしょうね。
ほぼ人工の星でありながら、アクアがノスタルジックな世界である理由がわかりました…。

で、あの青年アンリ、灯里たちと出会ったあの日からしばらく、出店をお休みしてネオ・ヴェネツィアの各所を巡っていました。実は彼は、自分の作ったお菓子が単なる商品として扱う事になれてしまった事に、灯里のふとした言葉から気づいたのでした。それからずっと、ではどうしたらいいのかを考え、そのヒントを探していたのでした…。

さて、人は形のある物に形のない思いを託して人に届けるもの。アンリと灯里は、その事に気づきました。
例えば、マンホームから移築した大きな建物に、かつての地球の歴史の中で込められた人々の思いが込められて、後世のアクアの人々に伝えられた。それは、小さなチョコレートも同じなのでは…。
そこには、「お客さんを笑顔にしたい」という、作った人の思いが込められ、食べる人に伝わっていくのです…。

人の作った物は全て、誰かの「こんなものがあったら良いのに」という夢が実現した物だと以前、聞いた事があります。人の作ったものに囲まれて過ごすとは、人の思いに囲まれて過ごすという事、思えば私たちは、そんな凄い夢の結晶に、それこそ灯里たちの言葉を借りれば「当たり前」に接しているんですね。
当たり前に在る、すなわちそれは、私たちの生活に欠かせない構成要素として、常在するのです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

ARIA The ORIGINATION 第2話 「その 笑顔のお客様は…」

「伝説の抜き打ち検査官かもしれません」って、ウンディーネ業界にはそんな都市伝説があったんですね~。
テレビ大阪 2008/01/17(Thu) 02:55-03:25(JST)

ある日、灯里にご指名でのお仕事が入ります。その時間帯に予約の空いているアリシアさんを差し置いて、敢えてシングルの灯里をご指名とは一体…。藍華とアリスは、何か裏があるのではないかと勘繰りますが、とにかく粗相の内容にと準備をする灯里でした。

そして翌日、「灯里だけの名所案内をして欲しい」との依頼でその女性、アマランタさんを案内して回ります。

いやいやいや、このアマランタさん、灯里以上にネオ・ヴェネツィアを熟知していて、しかも町の人たちとも既知の仲のようです。っていうか、そもそもアリシアさんとも目配せしていたりして、非っ常~に怪しい。

あのじゃがバタ屋さんほか、いろいろと灯里とっておきの名所を案内するも悉くアマランタさんにしてやられ、最後に灯里の本当にとっておきの隠れた名所、花の咲き乱れる修道院跡を案内した時でも、逆に灯里の知らない藤の花の園を教えたり…。

すっかり完敗の灯里に対し、アマランタさんはこういいます。

「今日、本当に私が見たかったのはね、一生懸命になって私をもてなそうとしてくれる、あなた自身の姿なのよ。ARIAカンパニーのおもてなしの心は、しっかりと受け継がれているのね。安心したわ…」

そう、彼女が本当に見たかったのは、灯里。そしてアリシアさんたちがシングルの頃にも、アマランタさんは彼女たちのゴンドラに乗っていたのでした。

アマランタさんのように、敢えてシングルのゴンドラに乗ろうという人はたくさんいるとの事。
シングルのゴンドラに安く乗れるのは、本来シングルをみんなで育てるためのもの、街全体で次のプリマを育てようとして作られた制度なのだそうです。

さて、前回言いました「思う所あって感想を復活した」というのは、実はこのお話を事なんですよ。

「客が次世代の担い手を育てていく」。つまり、客の側にもそれなりの覚悟というか、その事業を育てていくという自覚が必要とされているというメッセージに思えました。それって、アニメについても同じことがいえるんじゃないかと…。

アニメファンの側も、アニメを見てただ楽しむだけじゃなくて、アニメを作る側に対して何らかのフィードバックをする義務があるんじゃないかと思ったんですね。
こうやってブログで、ここが良かったとかここが悪かったとか、意見を言うのもその一つになると思います。
あと、もしお金に余裕があるなら、関連商品を買ったりしてお金を払うのも必要な事ではないかと。余裕があるならですけどね(汗々)。それは単なる楽しみの「対価」でなく、良い作品を世に送り出すクリエイターの未来へ向けた「投資」なのです…。

と、なんだか柄にもなく演説してしまいましたが。今回のアマランタさん、なかなか良いキャラでした。「客」たるもの、ああいう心意気をもちたいものです。
お声はベテラン杉山佳寿子さん。杉山さんというと、私の世代ではどうしても『ハイジ』何ですが(苦笑)、いやなかなかどうして、ここ数年、アニメでは素敵な大人の女性を数多く演じてらして、注目すべき声優さんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

ARIA The ORIGINATION 第1話 「その やがて訪れる春の風に…」

はい、一年三カ月ぶりに、アニメ界の恥ずかしいセリフ生産工場が帰って参りました!!
テレビ大阪 2008/01/10(Thu) 02:25-02:55(JST)

と、言う訳で、もうこちらでも4話まで放送されているのですが、思う所あって感想をまたアップする事になりました。

書き入れ時のカーニバルを終えて、ほっと一息の灯里たち。三大妖精のみなさん、カーニバルでもまた武勇伝を増やしたようで…。

カーニバルを終え、またいつもの特訓の日々を送る灯里、藍華、アリスの三人は、暁さんやアルくんが昇格試験の勉強をしている所に出くわしました。

灯里たちにも、いずれ昇格試験が待っています。そう、カーニバルという大きなステップを乗り越えた彼女たちにも、またすぐに次のステップが迫っているのです…。

いやいやいや、大変ですね~。私なら「やっと一仕事終えたのにまた試練か…」などと憂鬱になる所ですが、さすがにウンディーネの皆さんは前向きです。 ひとつの試練を乗り越えて成長し、それを足掛かりにさらなる高みを目指す。
アリシアさんたちも、自分は「まだまだ…」とのこと。三大妖精と呼ばれてなお、彼女たちにはさらにその上を行く理想を抱き続けているのですね。

さて、今回は第一話からさっそく昇格という次のステップが示されましたが、これが今シリーズのゴールとなるのでしょうか?
なんというか、ゆっくりした時が流れてきたこの作品に、初めて区切りというか「終り」が示されたような気がしますが、さて、ARIAシリーズは今回でアニメとして完結してしまうのでしょうか?

実はそれがちょっと心配だったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

ARIA The NATURAL 第26話(最終回) 「その 白いやさしい街から…」

灯里「今の私は、あの頃なりたかった私になれているのかなぁ」
テレビ大阪 2006/10/04(Wed) 26:05-26:35(JST)

あのレデントーレから月日は流れ、アクアも雪の降る頃となりました。つまりはアイちゃんの姿は出ない訳ですね(泣)。

こんな日にはお客さんも来ないだろうと…なんだかとんでもない理由で店じまいをするアリシアさん。灯里をお散歩に誘います。
道すがら、子供の頃どんな大人になりたかったのかと訊ねる灯里。アリシアさんはその質問には答えず、代わり雪玉を転がし始めました…。
転がしていく雪玉がどんどん大きくなって行って、最後には広場を飾る大雪だるまになる…。

この間も言いましたけど、このアクアという星は人々の善意の集合体なのではないかと。ちょうど、この雪玉が町のみんなに少しずつ手伝ってもらって少しずつ大きくなっていったように、ちっぽけな人間の小さな善意が長い歴史を重ねてこの奇跡の星を作り上げたんだなぁと、そんなロマンを感じさせるエピソードでした。

そして最後にアリシアさんが灯里の質問に答えます。

「こんな大人になりたいなあって」

大きな大きな善意の集合体の、その小さな小さな担い手になりたかった…て事ですかね。

すっかり最終回の感想が遅くなってしまいました…。GyaOの方でももうすぐ最終回ですので、それを見返してから書こうかな~とも思っていたのですけど、やっぱり初見時の想いを書き留めておくべきかなと思い直しました。

ともあれ、去年の秋改編で『ARIA The ANIMATION』 が始まってから一年、本当に堪能させて頂きました。『癒し』って言うと何だか使い古された感のある言葉で、本当はあまり使いたくないんですが、まさに『ARIA』って上質の、いや本物の癒しアニメでした…。

では、私の感想もこれにて一区切りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ARIA The NATURAL 第25話 「その 出逢いの結晶は…」

ここしばらくアイちゃんとのメールであった、アイちゃんのおばあちゃんの容体の話題。 まさかこんな伏線になっていたとは。
テレビ大阪 2006/09/27(Wed) 02:05-02:35(JST)

すっかりアップが滞ってしまいました。最近色々とトラブルがあって、ブログの方に手が回らなくなってまして…。さてさて、ARIAの感想、これを含めてあと二階となりました。

アクアはもう秋、ウンディーネの制服も冬服になりました。
さて、灯里達は、晃さんからひとつの課題を出されます。
それは、レデントーレのお祭りに屋形船をチャーターするから、三人でご招待したお客さんをおもてなしする様に…との事。

レデントーレというのは、夜に船で海に出て楽しむお祭り。
もともとヴェネツィアのお金持ちの遊びが起源らしいですが、ネオ・ヴェネツィアでは秋の風物詩らしいです。

とはいえ屋形船の定員は限られています。招待したいお友達の多い灯里達にとっては、誰を招待するか決めるのも、なかなか大変な作業だったのではないでしょうか。 灯里、藍華、アリス、そしてアリシアさんと晃さん、アテナさんが乗り込むのはもう決まっていますから、限られた枠は精選される事に。
かくて招待状を出す事が決まったのは、灯里の提案で郵便のおじさん、ウッディさん、暁さん、アイちゃん。藍華の提案でアルくん。アリスの提案でグランマ…。

さてさて、他の皆さんからは出席のお返事が頂けたのですが、やっぱりアイちゃんからは出席とも欠席とも返事が来ず、ついにレデントーレ当日に…。
いや、私さすがにもうアイちゃんは来ないんじゃないかと心配しましたよ。3週もかけてネタを振ってきた訳ですし、さあいよいよARIAでも人死にが出るかと冷や冷やもんでした。

が、灯里たちが船を出してすぐに、どこぞの青春ドラマよろしく、顔を写さないフレームに収まって走る幼女の姿(苦笑)。いやいやいや、ぎりぎりでアイちゃんの登場です。

後はもう、幸せムードに包まれてのお祭りです。私としてはもう、アリア社長とアイちゃんの尻振りダンスで充分満足という感じでした。敢えて付け加えるなら、「あたしも~~」とそれに加わるアテナさんにも(笑)でした。 いつぞやの肉肉ダンスの時にも思いましたけど、この御仁、「同じアホなら踊らにャ損損」という主義なんでしょうかね。

さて、アイちゃんが顔出ししたので実は私「もう最終回か」なんて思ったんですが、どうやらもう一回ある様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

ARIA The NATURAL 第24話 「その 明日のウンディーネに…」

「この手袋が守ってくれていたのは中の手だけじゃなかったんだ…」
テレビ大阪 2006/09/20(Wed) 02:11-02:41(JST)

この週は(アップが遅れて既に『今週』と言えないのが何ですが)なんだか中途半端に6分遅れの放送でした。
ちなみに同日放送の『ひぐらしのなく頃に』も普段より37分遅れの02:37-03:07でした。うむむむ、こっちが普段通りの放送だったらビデオの録画設定が楽だったのに~。

さてさて、アクアでは秋に入ると長雨が続くのだそうで、灯里・藍華・アリスの三人は、いつものゴンドラに乗っての訓練はお休み。代わりに姫屋にて勉強会です。

さて、最近同僚達の視線を感じがちな藍華。さては成長著しい自分の噂をしているに違いない…と思い上がっていた訳ですが、実は…というのが今回のお話。

結論から言うと、彼女たちは藍華ではなく一緒にいた晃さんの…悪口を言っていたというのがオチです。
三大妖精、ウンディーネの頂点に立つ晃さんは、もちろん華やかな存在。しかしその影には、同業者の嫉妬を受けるという負の面もある訳で。

尊敬する晃さんを悪く言う者がいたという理不尽な現実に涙する藍華。しかし晃さんはそれを受け止めるのもプリマというものだと言います。

ところで藍華、自分だって普段から晃さんの悪口言ってるくせに…と思ったのは私だけ? まあ、某木之本兄みたいに「晃さんに気安く憎まれ口を叩けるのは自分だけ」なんて特権意識みたいなものがあったのかも知れませんし、そもそも悪く言う方向性が違うんですが。

そんな晃さんの言葉に、道を究めた者の「強さ」を思い知った三人は、冒頭の言葉を口にします。

実は私、『ARIA』が始まって一年近くずっと不思議に思っていたんですよ。ウンディーネはどうして昇級する度に手袋が減っていくんだろうと。普通は階級が上がるほど色々着いてくるものだと思うんですが、なるほど、そういう意味があったんですね。ようやく納得出来ました。

誰かの、或いは何かの助けを受けずに一人立ち出来る強さを身につけていく事。それを象徴するものだったんですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

ARIA The NATURAL 第23話 「その 海と恋と想いと…」

表情は窺えずに耳だけ赤くなるお爺さん…。 むう、これが世に言うツンデレというやつか。
テレビ大阪 2006/09/13(Wed) 02:05-02:35(JST)

灯里たちの今回のお仕事は、ある老夫婦のご案内でした。
実はそのだんなさんは、奥さんとの昔の約束、「海の結婚式」を見せる為にやってきたのですが、それは特別な儀式。専用のゴンドラも、個人では貸し出してもらえないものだったのです…。

と、言う訳で、いつもの様にいつもの如く、灯里が一肌脱いじゃいます。
自分のゴンドラを飾りつけて「おめでたい感じに」して海の結婚式をやってしまおうと言う…。
取り敢えず灯里の脳味噌がおめでたいのは判りました(苦笑)。

で、藍華&アリスにも手伝ってもらって見事おめでたい飾りつけが完成。藍華作の舳先の飾りがカンテ~レにそっくりなのは、まあ、見なかった事にしましょう。

さらにアリシアさん、アテナさんに晃さんがそれぞれ自分のお客さんを連れて(!)駆けつけてきたり、サン・マルコ広場の音楽隊までやってきて、結構本格的な儀式となったのでした…。

なんというか、終盤でどんどん人が集まってくるのが壮快でした。これぞ「ARIA」って感じで。
私が思うに「アクアは奇跡で出来ている」んじゃなくて、「アクアは人の善意で出来ている」星なんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ARIA The NATURAL 第22話 「その ふしぎワールドで…」「その アクアを守る者よ…」

裏番組のCMを入れるとは、度胸がありますなアルケミスト…。いえ、『ひぐらしのなく頃に 祭』のCMをやっていたと言うだけなんですが。
テレビ大阪 2006/09/06(Wed) 02:05-02:35(JST)

パラレルワールド、そうそう、パラレルワールド同士で質量やエネルギーの融通を行うと、物質の巨大化・縮小化ができるようになるんですよね~って、J9ネタ禁止!!

「その ふしぎワールドで…」
灯里からパラレルワールドの話を聞いたアリア社長。
「もしかしたら、あの階段の間に秘密の入り口があるかも…」と思い、階段の隙間を通って、本当にパラレルワールドに入り込んでしまいます。

これからの15分、あなたの心はあなたの体を離れ、この不思議な世界へと入り込んで行くのです…。
ってこれはアンバランスゾーンか。 まあ似た様なものなんですけどね。

そこはいつものネオ・ヴェネツィアと同じな様世界、しかし、住人の性別が(アリア社長以外)全て逆転している世界でした。

えっと、取り敢えず暁さんが惜しかったという所で(苦笑)。見た目はまあ、少なくともブスじゃなかったんだけど、声がオカマ臭過ぎて(泣)。
あと、全然変わってなかったのはアルくんでした。いや、むしろ普段から女顔なんですけどね。

性別が全て逆転…という事はヒメ社長も当然男なわけで、フレンドリーなヒメ社長の態度に、とても素直になれないアリア社長でした。

ま、なんとかもとの世界に戻れた様で、良かった良かった。

「その アクアを守る者よ…」
で、後半はその暁さんの過去のお話。少年時代の暁さんは、自らアクアの平和を守るヒーローを以て任じていたそうで。
なんだか一文字隼人風の決めポーズがお気に入りだった模様です。

まあ、以前の思い出話の回でこの人が昔そういう感じの子だったのは想像がついてましたけど。個人的に想定の範囲外だったのは、当時の暁さんのお兄さんが、意外に美少年だった事でしょうか。それが一体どうしてあんなワヤクチャに…おっとっと。

とりあえず、暁さんのお母さんの度量の大きさに感心なお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARIA The NATURAL 第21話 「その 銀河鉄道の夜に…」

最近の灯里は、夜になると空の上から汽笛の音が聞こえるとか。別にJ9-III号が第一マースにトライに来た訳ではない様で。←時代が違います。
テレビ大阪 2006/08/30(Wed) 02:05-02:35(JST)

なんと今回は、ケット・シーから銀河鉄道への招待状が届いてしまいました。
が、さすがにこの間のサン・ミケーレ島の一件で懲りたのか、灯里さん何時になく消極的です。

が、結局行く事に。
どうでもいいけどアリア社長、メーテルのコスプレはやり過ぎだぞ(笑)。駅についてみると、巨大な車掌が(オイオイ)。ケット・シーさん、あなたもですか。

結局、灯里は切符を無くしてしまった子猫の為に招待状を譲ってしまい、銀河鉄道には乗れませんでした。まあ、こういう「いい人」なところが灯里なんですよね~。

最後にケット・シー車掌が押してくれた記念のスタンプ、わりとすぐに消えてしまったのは残念でした。まあ、犯罪者撃退用のインクみたいにずっと着いていたら、それはそれで困った事なんですけどね。

なんというか、パロディ満載なお話でしたが、もちろんそれに留まらず、幻想的で実にARIAらしいお話でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ARIA The NATURAL 第8話 「その ボッコロの日に…」

百万本の薔薇の花を 貴女に貴女に貴女にあげる~♪
GyaO 2006/08/19(Fri)-08/26(Fri)

ああ、録画失敗で見られなかったこの回。GyaOさんのおかげでなんとか補完出来ました。
GyaOさん ありがとう by黒天狗党

ポッコロの日とは、好きな女性に真紅の薔薇の花を贈る祭りなのだそうで。暁さんは桶一杯の薔薇を用意し、灯里に運搬を依頼します。贈る相手はもちろんアリシアさん。

が、灯里と仲良く(苦笑)お話ししていた所をアリシアさんに見られてしまい、薔薇は灯里に贈られたものだと誤解されてしまいます。
しかも桶をひっくり返してしまい、薔薇はアクア・アルタで増水した水に乗って町中に広がってしまいます。真っ赤な薔薇は美しく、そう、悲しいほど美しく、町を彩ったのでした。
哀れ暁さん。その想いが届くのは何時の日か。

そして藍華はアルくんと再会し、「薔薇の瞳」なる宝石の原石を渡します。
「薔薇」の瞳? さて、アルくんはどういう意図でこの石を渡したのでしょう、なかなかに意味深です。

因みにポッコロとは蕾と言う意味。
かつて、高貴な女性に恋をしたある男の悲劇がこの祭りの始まりだとか。
彼女への誠意を示す為に彼が選んだのは、自ら進んで戦いに出向くこと。しかし彼は激しい戦いで深手を負い、白い薔薇の園に倒れたのでした。

白薔薇は彼の血の色に染まり、真っ赤な薔薇となりました。
彼は、白い花を血で赤く汚したとノロイに制裁を受け…すいません、薔薇の花を戦友に託し、あの女性のもとに届けてもらいました。
彼女はその赤い薔薇を、血に染まった薔薇を受け取って、男の死を知ったのです…。
それ以来、赤い薔薇は永遠の恋の証となり、後世の人々によってこうして伝え継がれているのです。

この伝説、実話なのかどうか私は知りませんが、典型的な御霊信仰だな~とか思ってしまいました(苦笑)。
非業の死を遂げた人の魂を恐れる心が、後世の人々にまで伝わって伝説を生む…というやつですね。もちろん恐怖ばかりでなく、同情心も入り交じっての事ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧