« 2013年12月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年2月17日 (月)

母さんが亡くなっていたんですね…

昨日、夏苅郁子・著『もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」』を買ってきました。
前著『心病む母が遺してくれたもの』 に大変感銘を受けたもので、その続編ともいうべきこの本、即購入でした。

まだパラパラとしか拾い読みしていないのですが、その中に少なからずショックな一文が…。
中村ユキさんのお母様が亡くなっておられたとのこと。それで中村ユキさんのHPを拝見したところ、去年の9月だったんですね。まったく知りませんでした。

中村ユキさんの『わが家の母はビョーキです』シリーズは、私の父がおかしくなり始めた頃に読んで、大変勇気付けられた本でした。
病を抱えた人の子の立場の視点で、共に支えあって生きていく姿を描きつつ同じ境遇の人に必要な情報なども盛り込んだ内容です。夏苅郁子さんも、この作品を読んで前に進めた(それはグラン・ジュデと表現されています)との事で、ぜひおすすめしたい作品なのですが…その主人公とも言うべき母さんが亡くなっておられたとは、残念です。

「ご冥福をお祈り致します」なんてとても言えません。
母さんには、前半生が辛かった分、残りの人生こそもっともっと、生きて幸せになって欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年10月 »