« 青春ラジメニア (2010-07-30) | トップページ | 第十一番札所・摂取山正覚寺 »

2010年8月10日 (火)

無位の会・坐禅と般若心経の会参加(2010-08-08)

この日は喜春禅庵にて、第二日曜日恒例「坐禅と般若心経の会」に参加して参りました。ここしばらく猛暑が続いたせいかもしれませんが、今回は呼吸が短めにしか出来ませんでした。20分で50何回くらいでしたかね…。まあ汗が流れまくったのはいつも通りでしたが。
後で聞いた話ですが、和尚さんは夜も日課として坐禅をやっておられるそうですが、やっぱり大汗をかくから一日に何回も着替えないといけないそうです。

その後般若心経の解説がいつものようにありました。色々なお話があったのですが、特に興味深かったお話を幾つか…。
時々やれ「二時間座った」とかなんとか坐禅で座った長さを追求したり自慢したりする人がいますけど、徒に長くやるばかりが能ではない…、というようなお話がありました。まあ、確かにこういう事に必要以上にこだわり過ぎると、お釈迦さんも否定された「苦行への執着」になりかねませんからね。

それから盤珪禅師の「不生禅」は般若心経の「不生不滅」の一節を意識したものとの事。曰く「生じないものが滅することは出来ない。不生と不滅は同義反復だから不生だけで事足りる」との合理主義から来たらしいです。
また、今回は密教の「阿字本不生」についての解説もありました。 仏教のテーゼとして、万物は常に移り変わって一瞬も確かな存在ではないという考えつまり「無常」がありますが、その無常な姿の中に通底する真理がある。それをインド諸文字の潜在母音aに譬えたのが「阿字本不生」の教学だそうです。そして般若心経のいう「空」が、般若思想に於いて「阿字本不生」にあたる考えなのだとか。

そして茶礼では、最近話題になった育児放棄事件や高齢者の所在不明発覚問題、無縁死問題などに関連して、現代社会における社会的な繋がりの希薄化について色々と白熱した議論が戦わされました。いやいやいや、さすがに今回は法話後ティータイムなんて言える軽いものではなかったですね~。

|

« 青春ラジメニア (2010-07-30) | トップページ | 第十一番札所・摂取山正覚寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/49117163

この記事へのトラックバック一覧です: 無位の会・坐禅と般若心経の会参加(2010-08-08):

« 青春ラジメニア (2010-07-30) | トップページ | 第十一番札所・摂取山正覚寺 »