« 「あたしは、本当に神がいるのなら、立ち向かいたいだけよ。だって、理不尽すぎるじゃない」 | トップページ | ラジメニ玉手箱 (2010-04-11) »

2010年4月13日 (火)

青春ラジメニア (2010-04-10)

まず、今回のお題は「出会い」でした。そして今回は水木一郎さんが21時までゲスト。後半はショッカーO野さんがゲストでした。

水木のアニキはなんと10年ぶりのご出演。近年はNHKがアニソン番組をレギュラーでやるなど、市民権をえてきたことが、素直にうれしいとおっしゃっていました。本当に、水木さんてこの道をずっと、歩んできた人ですからね。感慨もひとしおでしょう。

そうそう、『ローラーヒーロームテキング』もかかりました。それに関してムテキング無限軌道事件のお話もありました。
あ、その昔、『アニメ玉手箱』時代に、イベントでこの曲をレコードでかけたら針飛びが起こったんですよね。で、これが絶妙なタイミングで「ムテーキー…」とずっと続いているように聞こえるような感じだったんですよ。いや~、アナログレコード時代ならではのハプニングでしたね。

そうそう、「水木一郎」のアクセントですが、正しくは「"み"ずきいちろう」だそうです。ラジメニアでは長らく「み"ず"きいちろう」と呼び習わしていますが。でもまあ、水木さんご自身からもお許しいただけましたので、ラジメニアでは今後も今までどおりに発音するようですね。

で、ショッカーO野さんが初めてラジメニアにいらした時の思い出話になりました。今は亡き潮健児さんと一緒に「悪役特集」のゲストとしてご出演だったんですね…。
このご出演、潮さんとO野さん的には潮さんの研究本の宣伝をかねてのものだったんですよね。これ、もともとは京都の同人サークルから出るという話が出ていたのを、「天下の潮検事の本を、自費出版とは何事か」という事で当時のバンダイ出版に話を持ち込んで実現したとか…。

最後にかかった曲は、『緊急指令10-4-10-10』でした。なんでも'10年4月10日午後10時前にちなんだリクエストだそうで、さすがですね~。
しかもそれを察してらしたO野さんもさすがでした。

次回のゲストは、霜月はるかさんです。

[DATA]
『青春ラジメニア』 ラジオ関西(558kHz) 2010-04-10T19:00+09:00/P03H

|

« 「あたしは、本当に神がいるのなら、立ち向かいたいだけよ。だって、理不尽すぎるじゃない」 | トップページ | ラジメニ玉手箱 (2010-04-11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/48080897

この記事へのトラックバック一覧です: 青春ラジメニア (2010-04-10):

« 「あたしは、本当に神がいるのなら、立ち向かいたいだけよ。だって、理不尽すぎるじゃない」 | トップページ | ラジメニ玉手箱 (2010-04-11) »