« 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵 (トロンプ・ルイユ)」 (2009-08-18) | トップページ | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第9話 「強風空想」 (2009-09-01) »

2009年9月 1日 (火)

『GA 芸術科アートデザインクラス』 第8話 「シュルレアリスム」 (2009-08-25)

前半は、色彩や色調等の性質について。登場人物のイメージに合わせて説明されていたのでわかりやすかった…と思うのですが、なにせ小ネタ目いっぱい詰め込み過ぎていて、ちょっと私の頭では、一回見ただけではよく飲み込めませんでしたね(苦笑)。

で、今回注目は、OPにも登場した魔女っ子ノダミキが、本編初登場。語尾は「ノダ」のようで、某アポロガイスト某風に言うなら 「私は世界にとって迷惑な存在なノダ」

…あ、だから黄色と黒のジャージ着せられたんだ(苦笑)。

後半が、サブタイトルになっている超現実主義のお話し。
ちなみにシュルレアリスム(Surréalisme)はフランス語読み。日本語では英語訛りが混じってシュールリアリズムとか、略称してシュールとか言いますね。

目が覚めたと思ったらまだ夢の続きだったってのは、どちらかと言うとホラーの定番設定のような気がするのですが、今回のキサラギの夢はなんか楽しそうだったな~。

シュルレアリスムとはなにか。
今回のお話しを見ると、キサラギの最後のセリフが言い得て妙ですね。

「夢の中みたいな世界を描いたもの…て感じでしょうか」

[DATA]
『GA 芸術科アートデザインクラス』 第8話 「シュルレアリスム」
読売テレビ 2009-08-25T02:29+09:00/P30M (公称。実際の放送時間は1分遅れ)
脚本:待田堂子 絵コンテ:釘宮洋 演出:清水聡 演出助手:金子祥之 作画監督:藤原未来夫 作画監督補佐:羽野広範

|

« 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵 (トロンプ・ルイユ)」 (2009-08-18) | トップページ | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第9話 「強風空想」 (2009-09-01) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/46084933

この記事へのトラックバック一覧です: 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第8話 「シュルレアリスム」 (2009-08-25):

« 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵 (トロンプ・ルイユ)」 (2009-08-18) | トップページ | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第9話 「強風空想」 (2009-09-01) »