« 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第6話 「美術部やしき」 (2009-08-11) | トップページ | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第8話 「シュルレアリスム」 (2009-08-25) »

2009年8月30日 (日)

『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵 (トロンプ・ルイユ)」 (2009-08-18)

トロンプ・ルイユというのも結構対象の幅広い言葉のようで、私のイメージとしてはエッシャーの『上昇と下降』が代表的です。
で、こちらで取り上げられた「立体的に描かれた絵」の例として私が思い出したのはドリフのギャグでした。『8時だョ!全員集合』の定番コントとして、壁に描かれた階段の絵を登ろうとして壁に激突すると言うものなんですが…って、年がばれますな(苦笑)。

さてさて、いつもの五人組とは別に、GA1年のクラスメートが登場。ギャルゲー風に「クラスメイトの吉川さん」と枠付きで説明される辺りが面白かったですね。
吉川っちとキョージュの絵が美展に出品されたので、それをみんなで持ち帰りに県立美術館へ…というのが前半の主なエピソード。

裸婦画のお話ですが…。
創唱宗教が出来る前は、エロさと神聖さは必ずしも対立する意味はなかったんですよ~。

例えば古代カナアン地域では、豊穣の女神アシュトレトはふくよかな(妊婦を模したとも考えられる)女性像として造形されてますし、同じく豊穣や生命力の女神とされたアシェラの神殿には、神聖娼婦が置かれていたそうです。

生殖行為はそのまま子孫繁栄や豊穣、ひいてはあらゆる繁栄を象徴するものとして、時に神聖視されました。そう、エロさこそ神聖さだった時代もあったのです!!

後半は、見聞を広めるための現代美術展見学のお話し。

しかし、月岡芳年の妖怪画(晩年)てどんな絵なんでしょ。それ以前の無残絵ならピンとくるんですが。ちなみに『地獄少女』でおなじみの河鍋暁斎は、共に国芳に師事した兄弟弟子だったとか。

ともあれ、美術との接し方は人それぞれでいいと思うのですよ。
もちろんプロのアーティストを目指すと言うのならそれなりに専門的な知識を持って最低限必要な技術を身につけて…というのもありでしょうが、まずは「面白いな」程度の見方でいいと思うのですよ。

その上で、知識なんかは「楽しみを深めるため」の手段として、おいおい身につけていけば…。「見抜ける目」とやらも、そう言った事の積み重ねの結果として、自然に身につけば良いくらいに考えていれば良いかなと思います。

[DATA]
『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵 トロンプ・ルイユ」
読売テレビ 2009-08-18+09:00T02:14/P30M (公称。 実際の放送時間は約1分遅れ)
脚本:待田堂子 絵コンテ:川口理恵 演出:即座誠 作画監督:山崎克之

|

« 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第6話 「美術部やしき」 (2009-08-11) | トップページ | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第8話 「シュルレアリスム」 (2009-08-25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/46074371

この記事へのトラックバック一覧です: 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第7話 「騙し絵 (トロンプ・ルイユ)」 (2009-08-18):

» ■GA 芸術科アートデザインクラス 第7話「騙し絵(トロンプ・ルイユ)」 [ゆかねカムパニー2]
 騙し絵っていうと、上から見ても下から見ても、人間の顔に見えるような絵が思い浮かぶです。  今回は、そういうのって、出て来ませんでしたけど。  通路に見せかけた [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 21:45

« 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第6話 「美術部やしき」 (2009-08-11) | トップページ | 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第8話 「シュルレアリスム」 (2009-08-25) »