« 『けいおん!』 #7 「クリスマス!」 (2009-05-22) | トップページ | 業界に激震走る »

2009年6月15日 (月)

『けいおん!』 #8 「新歓!」 (2009-05-29)

決断の時、結構の時、人は何を考え、どう行動したのか。 これは、そんな瞬間瞬間をとらえ、その時が、後の桜高軽音部にどういうかかわりをもつか、ということをお伝えしていく番組であります。…嘘です(苦笑)。
梓編に入ってから色々と引っ掛かる部分が多くて、しばらく感想滞ってましたが、思う所あって再開致します。全13話との事でもうじき最終回ですけど、今しばらくのおつきあいを…。

今回のお話しは、桜高の二人の新入生が、軽音部に入るかジャズ研に入るか迷った挙げ句、一人は軽音部に、もう一人はジャズ研に入ったという、運命の分かれ目を描いた物語…ということですかな。
そしてその選択の決め手は、案外些細な事だったのかもしれません。例えばもしほんの少し運命が変わっていたら、この二人は入れ替わっていたかもしれない…なんて想像してみると面白いですね。

さてさて、季節は一巡し、再び春。憂が桜高に入ってきました。しかし合格発表の時の唯の喜びようといったら…。もう本当に姉バカですねぇ~。

そして我らが軽音部も新入生獲得の為に色々とがんばるわけですが、なんというか、さわちゃんのセンスが凄過ぎて(苦笑)。着ぐるみやらメイド服やら…。いや、そりゃインパクト「だけ」はありますけど、せっかく憂が友達の純ちゃんを連れて見学に来てくれたのにぶち壊しです。

まあ、結局彼女は軽音部への入部を諦め、「かっこいい先輩」がいたという事でジャズ研究会にはいってしまったようで。もし彼女を引き込めたら、ついでに憂も入ってくれたかもしれないのにもったいないなぁ。。彼女に「部活でも唯先輩の面倒をみた方がいいんじゃない」とかなんとか言ってもらったら、憂ならもれなく入部してくれますよ。

って、そういえば憂って、結局どの部活に入ったんでしょう。

そして今回登場したもう一人の新入生、中島梓。彼女も軽音部に入るかジャズ研に入るかで迷っていました。まがジャズ研の見学をしたものの、「本物のジャズとは違う」との事で紆余曲折の末に結局軽音部に入ることになりました。

所で梓は、ジャズ研の音楽は「本物のジャズとは違う」との事でお気に召さなかったようですが、じゃあ軽音部の音楽は、本物の何だと思ったのかな~と、ちょっとそれが疑問に思えました。まあ、私、音楽のセンスが全くないもので、聞く耳のある人が聞けば今回のお話しはわかるのかなぁ。

[DATA]
『けいおん!』 #8 「新歓!」
毎日放送
2009-05-29T01:55+09:00/P30M
脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:米田光良 作画監督:高橋真梨子 楽器作監:高橋博行

|

« 『けいおん!』 #7 「クリスマス!」 (2009-05-22) | トップページ | 業界に激震走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/45353161

この記事へのトラックバック一覧です: 『けいおん!』 #8 「新歓!」 (2009-05-29):

« 『けいおん!』 #7 「クリスマス!」 (2009-05-22) | トップページ | 業界に激震走る »