« Saint October 第4話 「ロリ迷惑! 超昼間から吸血鬼!」 | トップページ | Saint October 第5話 「ロリ再戦! エルロックの超リベンジ!」 »

2007年2月 2日 (金)

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第四話 「プロモでゴーの巻」

「衛藤さんがいいと思いま~す」 けだるいひと言でスケープゴートは決められ、多数決という力で不毛の荒野へと放たれた。
テレビ大阪 2007/01/31(Wed) 03:10-03:40(JST)

いや~、相変わらずトラウマをえぐってくれるアニメですなあ。
今回の主役は、めぇちゃんこと衛藤芽生。 なまじっか責任感があって面倒みの良い性格な物だから、小学校の時から嫌な事を押しつけられがちだったんですね~。この押しつけ具合が実に、私の学生時代の日常とシンクロしていてかなりキツイものがありました。

安易なアニメでは、「委員長」って「権力の象徴」として描かれる事が多い。クラスメイトに命令とかできたりして、偉そうな性格の子が喜んで立候補する…みたいな展開になるんですよね。
でもそれが私の個人的経験と随分乖離していて、実はあまり好きではなかったりします。
委員長というのは大体 「誰かがやらないといけないけれど皆はやりたがらない仕事」をやる仕事なんですよね。実際は先生の雑用引受人で、権力なんてありゃしない(苦笑)。

思うにそんなめぇちゃんがまだ学校にいる理由…。
それは、いつか、嫌な事の押し付けでなく、本当に自分を認めて頼ってくれる友達が現れるかも…と期待しているからだと思う。いや、そんな根拠は多分無いんだろうけど、悲しい思い出を抱えたままで学校を去りたくないから、ひとつでも良い思い出を作ってから卒業したいから…では無いかな。

逆に言えばこの時代、学校への失望だけを抱えたまま卒業していった結構生徒もいるんだと思う。まなびと出会えたのは、めぇちゃんにとっては幸運だったと思いますよ。
そう、まなびは単に明るいだけのお馬鹿少女ではなかったのです。学園祭のプロモーションCG、「信じてもらいたいからレベルは落とさない。」という姿は実に男前でした(笑)。

良き友との出会いは人生の宝…だそうです。私には実感としてはわからないのですが、それもまた、学校なるものの効用のひとつなんでしょうね。

最後にひと言。まなびはじっとしているとものを考えられないそうですが…あんたはアリストテレスですか。

|

« Saint October 第4話 「ロリ迷惑! 超昼間から吸血鬼!」 | トップページ | Saint October 第5話 「ロリ再戦! エルロックの超リベンジ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/13763102

この記事へのトラックバック一覧です: がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第四話 「プロモでゴーの巻」:

» まなびストレート! 第3話 「プロモでGO」 [萌えアニメで楽天生活]
今回の話のメインは、めぇちゃんこと衛藤芽生。 ツンデレキャラですが本当は責任感があって面倒みの良い性格なのだが、 何故、芽生がこんな性格になったのかが判明しました。小学生の時に無理やりで推薦で学級委員になっ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 10:20

« Saint October 第4話 「ロリ迷惑! 超昼間から吸血鬼!」 | トップページ | Saint October 第5話 「ロリ再戦! エルロックの超リベンジ!」 »