« ARIA The NATURAL 第23話 「その 海と恋と想いと…」 | トップページ | ガンバの冒険 第23話 「裏切りの砦」 »

2006年9月18日 (月)

ガンバの冒険 第22話 「海を渡って来た仲間」

ノロイ「私が硫黄の匂いが嫌いだと知って火口へ逃げのびたネズミ共よ。
そこにいる間はまだ良い。だが、一歩たりとも外へ出てみろ。
必ず私はお前たちを殺すぞ。 必ず殺す…!

はい、先週のあらすじを言ってくれてありがとう(笑)。
KBS京都 2006/08/31(Thu) 07:15-07:45(JST)

ノロイ達の弱点が判ったネズミ達は、火山の火口を砦に戦う事を計画します。
と言ってもここは食糧の少ない火山地帯、ガンバ、ボーボ、ヨイショ、イカサマは島の南側に食糧調達に出かけます。

籠城戦で怖いのは、なんといっても兵糧攻めですからね。

人間たちの村にある雑貨店で食糧を取ってきた一同。しかも武器に使えそうな釘まで手に入れます。
意気揚々と帰路につくガンバ達ですが、ノロイ達はその姿を見逃しませんでした。
イタチ達との戦いで、せっかく取ってきた食糧を取り落としてしまいます。

相手が荷物を持って動きづらくなってから襲撃をかけるというのは、確かに巧いやり方ではあります。

命からがら逃げ果せた一同、せっかくの食糧が…と落ち込みます。しかし、そこにやってきたのはツブリたちオオミズナギドリと、なんと一郎たち高倉ネズミたち。
彼らはガンバ達の応援をしようと、高倉から米俵を携えてやってきたのです。

これで食糧の心配は無いと喜ぶ一同。しかし、重い米俵を運んで砦まで行くのは無理。そこでイカサマはどこからか馬車を調達して来ます。

以前にも思いましたけど、そもそも馬車を操れるネズミなんて普通じゃないです。イカサマってどこでこんな技術を身につけたんでしょ。

しかし、イタチ達はなんと追いついてきます。高倉ネズミ達は馬車を降りてイタチ達と戦いますが、一郎以外の仲間は皆命を落とし、一郎も重傷を負います。
ノロイ達はさらに数に物を言わせた攻撃で馬を翻弄し、ついには命を奪ってしまいます。

えっと、このイタチ達も普通じゃないです。イタチって体長40cmぐらいでしょ。そんなのがよく馬を殺せたもんです。

そこへ姿を現したのは、島の他の場所に隠れていたネズミ達。
彼らは潮路の置いて行った目印の白い花を見て、合流してきたのでした。彼らは米俵を運ぶ事を申し出ます。

砦に米俵を運び込むまでの時間稼ぎに、とノロイとの一騎討ちに臨むガンバ。が、やはりノロイには適いません。イカサマの助けと、偶然風向きが変わって硫黄の匂いが流れてきたのに救われて、ガンバは辛うじて命拾いしたのでした…。

さてさて、新たな仲間たちも続々加わった訳ですが、その分犠牲も増える訳で…。本当に、戦いは激しさを増していきます。

|

« ARIA The NATURAL 第23話 「その 海と恋と想いと…」 | トップページ | ガンバの冒険 第23話 「裏切りの砦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/11951765

この記事へのトラックバック一覧です: ガンバの冒険 第22話 「海を渡って来た仲間」:

« ARIA The NATURAL 第23話 「その 海と恋と想いと…」 | トップページ | ガンバの冒険 第23話 「裏切りの砦」 »