« ARIA The NATURAL 第19話 「その 泣き虫さんったら…」 「その 乙女心ってば…」 | トップページ | ガンバの冒険 第20話 「白イタチノロイを見た」 »

2006年8月28日 (月)

ARIA The NATURAL 第20話 「その 影のない招くものは…」

はっ、間宮麗奈…。アクアにも、ワームの魔手は伸びていたのか ←違います
テレビ大阪 2006/08/23(Wed) 02:05-02:35(JST)

今回はいきなりアイちゃんがしゃべり始めてますね。前回出番が無かったものだから必死です。
またしても灯里が夏の暑さにふらついています。灯里がこんな時には、いつぞやの逃げ水の時の様に、またしてもアンバランスゾーンに引き込まれてしまいがちなんですよね。

藍華は、サンマルコ広場の怪談を語ります。 それは、ここにある柱のお話。
はるか昔、これは公開処刑台でした。当時、ある女性が処刑される際に「自分をサンミケーレ島に葬って欲しい」と願い出ました。しかし、サンミケーレ島の墓地は当時既に過密状態になっており、その願いは叶えられませんでした。
やがて ここで深夜に喪服を着た女性が、「サンミケーレ島まで」と言って、ゴンドラに乗り込む様になると言う噂が流れ始めました。しかし、もしそれを承諾してしまうと、そのゴンドラ乗りは神隠しにあってしまうと言うのです…。

その夜、アリア社長お気に入りの桃缶を携えて(当時社長は夏風邪を引いていて療養中、灯里はお土産に買ってくると約束したのでした)帰路を急ぐ灯里の前に、あの怪談通りの姿の女性が現れて「サンミケーレ島まで」と言います。

この女性も言ってましたが灯里って本当に「良い人」ですね~。もうちょっと人を疑う事も憶えましょうよ。藍華たちにも言われた通り、アンバランスゾーンに引き込まれやすい体質なんだから…。

サンミケーレ島に着いた灯里。案の定「あなた良い人だから」と引き止められます。一緒に墓場の住人になりましょうと言った所でしょうか。
しかもここに来てベールの向うが透けて見えますから恐怖倍増です。そう、断頭台で処刑されたであろう彼女には、もう頭部が存在しないのです。

結局ケット・シーが灯里を救ってくれた様で、気がついた時には灯里はアリアカンパニーに居ました。心配していた社長とアリシアさん、灯里を抱きしめてよくぞ無事で…と泣くのでした…。

ところで後日アリスが語った所によると、この怪談は実話でないらしいとの事。
オリジナルのサンマルコ広場にもそんな怪談は無い。にも関わらず、喪服の女性の目撃例は多数存在する…。
最後の最後でまた謎を提示するあたりがまた怖いな~と思った次第。なんだか「佐竹さんて誰?」の怪談を思い出してしまいました。

追記:ひょっとしてアリア社長の風邪って、藍華から移されたものなのかな~。

|

« ARIA The NATURAL 第19話 「その 泣き虫さんったら…」 「その 乙女心ってば…」 | トップページ | ガンバの冒険 第20話 「白イタチノロイを見た」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/11656336

この記事へのトラックバック一覧です: ARIA The NATURAL 第20話 「その 影のない招くものは…」:

» ARIA The NATURAL 第20話「その 影のない招くものは…」 [恋華(れんか)]
ARIA The NATURAL 第20話「その 影のない招くものは…」灯里ちゃん、また不思議現象を呼び寄せてしまう。今回は、怪談ものです。 [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 20:40

« ARIA The NATURAL 第19話 「その 泣き虫さんったら…」 「その 乙女心ってば…」 | トップページ | ガンバの冒険 第20話 「白イタチノロイを見た」 »