« ガンバの冒険 第19話 「闇に潜むオオミズナギ鳥」 | トップページ | ARIA The NATURAL 第20話 「その 影のない招くものは…」 »

2006年8月28日 (月)

ARIA The NATURAL 第19話 「その 泣き虫さんったら…」 「その 乙女心ってば…」

プリンが悪いとかヘアピンが悪いとか 他人の所為にするの禁止!!
テレビ大阪 2006/08/16(Wed) 02:05-02:35(JST)

前回の続きで豪華二本立て藍華ちゃんスペシャルでした。ナレーションも今回は灯里じゃなくて藍華。
つまりアイちゃんの出番は無かった訳で、それがちと寂しかったです。

髪を切ったせいか風邪を引いた藍華。晃さんに「しっかり静養して完治させる様に」と言われて大人しく寝ていたものの、3日で退屈が限界に達してしまいます。
熱も下がった事だし…と遊びに出かけたのですが、そこでいつものように合同練習をしている灯里とアリスを見つけます。

こで何か衝撃を受けたらしい藍華。自分の本来の居場所に自分が居ない不安感に襲われて、さらに2日寝込んでしまいます。
まあ、お見舞いに来た二人をなんとか受け入れられた様なので、重傷ではないと思いますが。

時に皆さん、自分が居なくなっても世の中はそれなりに動いていくって、結構残酷な話だと思いませんか。
世の中に「余人を以て代え難き かけがえの無い人」なんてめったに居ないってこと。
例えばある人が死んだとして、しばらくはその人を知る人は嘆き悲しむけど、いつかはそれなりに生活できる様になって、段々その人の事を忘れてしまうんですよね。
そしていつしかその人は、最初から居なかったのと同じになってしまう。

なんだか話が脱線してしまったので軌道修正!!

後半は、7日目にしてやっと完治した藍華が、新しい髪形をアルくんに見せるべく、地下に行くお話。
あれからずっとアルくんに合う機会はなかった模様ですが、どうもお気に入りのヘアピンを着けたのがきっかけになって、一気に「乙女心」が目覚めた様です。
もっとも本人は、それを素直に認めたくない様ですが。

ここで重力石とかのSF設定の解説がでてきました。火星の重力は地球の三分の一程度なので、高質量の物質を地下に送り込んで地球並みの重力を保っているのだそうで。
いやあ、たまにこういうシーンがないと、この作品、未来を舞台にしたSFアニメだと誰にも思い出してもらえなくなりますからね。

たまたま食事中で詩五度葉を留守にしていたアルくん。ちなみにおかめうどんを食べていたそうですが、この人ほんと和の心を解する好青年ですね(苦笑)。

階段でばったり出会った藍華とアルくん。
藍華は期待していた言葉を無事アルくんから貰えた様で、ともあれ良かったです~。渋い趣味はしていても、しっかり「乙女心」をわかってらっしゃる。

|

« ガンバの冒険 第19話 「闇に潜むオオミズナギ鳥」 | トップページ | ARIA The NATURAL 第20話 「その 影のない招くものは…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/11656071

この記事へのトラックバック一覧です: ARIA The NATURAL 第19話 「その 泣き虫さんったら…」 「その 乙女心ってば…」:

» ARIA The NATURAL 第19話「その 泣き虫さんったら…」「その 乙女心ってば…」 [恋華(れんか)]
ARIA The NATURAL 第19話「その 泣き虫さんったら…」「その 乙女心ってば…」藍華ちゃん・藍華ちゃんです。藍華ちゃんに萌えちゃってください。 [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 20:37

« ガンバの冒険 第19話 「闇に潜むオオミズナギ鳥」 | トップページ | ARIA The NATURAL 第20話 「その 影のない招くものは…」 »