« ガンバの冒険 第12話 「祭りだ喧嘩だ大騒動」 | トップページ | ARIA The NATURAL 第12話 「その 逃げ水を追って…」「その 夜光鈴の光は…」 »

2006年7月14日 (金)

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終回) 「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」

神人が校舎を叩き壊している時、ハルヒは本当に嬉しそうでした。そして私はそれを見てなんだか悲しくなってきました。何故って、それは彼女がいかに元の世界に失望していたかの裏返しだから。
KBS京都 2006/07/04(Tue) 01:30-02:00(JST)

どうも、最近ココログがとんでもなく重くなっていて、更新作業が出来ませんでした。おかげで最終回放送からはや十日(泣)。

さてさて、以前キョンが言っていた「世界がこむら返り」ってこれの事だったんですね。
古泉たちの戦いを見た夜、キョンは眠っている間にハルヒと共に学校の閉鎖空間に閉じ込められてしまいます。古泉の言葉によると、いよいよ世界に見切りをつけたハルヒは、世界の再創造を始めたのだそうで。そして元の世界からただ一人だけ連れてきたのがキョンだった。ある意味、彼はハルヒの「未練」なんですよね。元の世界への…。
しかし閉鎖空間を本来の世界と取って代わらせるて新世界を創造するとは、閉鎖空間てそんな使い道もあったんですね~。

神人が現れて校舎を破壊していく…。 待ち望んでいた「普通じゃない世界」を見て大喜びするハルヒ。
ああ、以前みくる(大)が「ハルヒはそれを良くないとは思わないかも」みたいな事を言ってましたね。でもそれはキョンにとって、元の世界の平凡だけど楽しい日々が大好きなキョンにとっては、「良くない事」な訳で…。

ここでヒントになったのは、以前みくる(大)が言っていた「白雪姫」と、閉鎖空間の中で最後に有希と更新した時の言葉「Sleeping beauty」…。

翌朝、キョンは元に戻った世界で何時も通りにクラスメイトの、またSOS団の皆と再会します。
まあ 古泉によると、キョンたちが元の世界に戻れたのかどうかはわからないとの事。もしかしたら、この世界は昨夜ハルヒが突貫工事で作った世界なのかもしれない。

でもまあ、それはそれで安心出来そうです。何故って、彼女は怪物が暴れ回るような物騒な世界よりも、元の世界のような、より穏やかな世界を望んだという事なのだから。
あ、「孤島症候群」でキョンが言っていた「ハルヒが望むはず無い」っていうのは、この事を言っていたのかもしれない…。

と、ともあれ、私の『涼宮ハルヒの憂鬱』感想は、これにてひとまずお終いです。
思い起こせば私、原作の事も全然知らなかったんですよね。見ようと思ったのはむしろ、京都アニメーション制作と聞いたから。

京アニが話題になっていると知ったのは確か「AIR」でしたか。で、ぜひ一度見てみたいと思っていたんですが、こっちでは放送されなかったんですね。まがりなりにも「京都」の制作会社の作品なのに見られないのは悔しいと思っていたのですが、そんななか知ったのが、「KBS京都で京アニ作品をやる」というニュースでした。 そう、言わずと知れたこの作品。

そしてそのハイクウォリティについてはもう、今更言うまでもないでしょう。本当に、噂以上でしたよ。
この 3ヶ月、本当に楽しかった。

|

« ガンバの冒険 第12話 「祭りだ喧嘩だ大騒動」 | トップページ | ARIA The NATURAL 第12話 「その 逃げ水を追って…」「その 夜光鈴の光は…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/10926396

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱 第14話(最終回) 「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」:

« ガンバの冒険 第12話 「祭りだ喧嘩だ大騒動」 | トップページ | ARIA The NATURAL 第12話 「その 逃げ水を追って…」「その 夜光鈴の光は…」 »