« ARIA The NATURAL 第11話 「その 大切な輝きに…」 | トップページ | ガンバの冒険 第12話 「祭りだ喧嘩だ大騒動」 »

2006年7月 3日 (月)

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱 V」

気がついた事が一つ、今まで私は、このアニメを誤解していました。
例えば『世にも奇妙な物語』とか『ウルトラQ dark fantasy』とかに近い「不条理劇」と思っていたんですよね。
2006/06/27(Tue) 01:30-02:00(JST)

「IV」で有希に倒されて姿を消した朝倉涼子。突然の「転校」を怪しんだハルヒは、キョンとともに朝倉の住んでいたマンションに乗り込むが…。

どうでも良いけどこの時のハルヒ、エレベーターに足を挟んで忍び込むって…悪徳訪問販売の手口ですね~。あと、この手のお話ではこういう「異世界からきたクラスメート」は、居なくなると同時に記憶も消していくのがパターンなんですが、有希はどうして「転校」って事にしたんでしょう。

結局これといって目ぼしい情報も得られなかったハルヒ。意気消沈して、今までの事をキョンに話します…。
全ての始まりは、ハルヒが小学六年生の時。世界にとって、自分の存在が取るに足りぬ存在だと気付いた事。内向的な思春期の少女にありがちな不安故に、彼女は中学三年間、自分の存在意義を主張しようと奇行に走っていた訳ですね。でもそれは結局ごまかしでしかなく…。

そう、このアニメって、ミラーワールドモドキとかケムール人モドキとかのSF設定を取っ払ってみれば、その骨子は割と正統派のジュブナイルものだったんですね~。

そして、ハルヒの告白を受け流して別れたキョンは(まあ、答えの出る問題でも無いですし)、古泉に「自分の超能力を見せたい」と誘われます。
「閉鎖空間」なる場所で「神人」なる怪物と戦う古泉とその仲間たち。

その閉鎖空間とは、要するにハルヒがストレスを発散のために「破壊する為に創造した世界」なのだそうです。それは破壊衝動とそれを良しとしない心(フロイト風に言うなら超自我?) の妥協の産物ながら、あまり発生し過ぎると結局は現実世界に悪影響を与えるのだそうで。

古泉たち超能力者は、それを制御する為にハルヒがその力を与えた物らしいです。まあ、古泉も言ってましたけど、良識的ですね~彼女の超自我は。

とまあ、基本設定の説明が最終回前話でやっと語られました。このアニメのタイトルが『涼宮ハルヒの憂鬱』なのは、つまりはハルヒの思春期故の憂鬱が反映された物語だからなのでしょう。

なんというか、原作既読者には周知の事だったんでしょうけど、アニメ初見の私としては、やっぱり早めに説明して欲しかったな。もしも、ちゃんと時系列順に放送されていたら、私はこのアニメのコンセプトを最初の一ヶ月ほどで理解して、残りの半分以上をもっと楽しめたのかもしれないのにねぇ~。

|

« ARIA The NATURAL 第11話 「その 大切な輝きに…」 | トップページ | ガンバの冒険 第12話 「祭りだ喧嘩だ大騒動」 »

コメント

「居なくなると同時に記憶も消していくのがパターンなんですが、」
ハルヒの記憶をどうやって消すおつもりで?
ハルヒの記憶を消すことは、情報統合思念体の全能力をもってしても不可能でしょう。たとえ可能でも危険すぎます。核爆弾の信管をハンマーで強引にたたき壊すようなもんです。それだったら朝倉涼子の方がまだ平和的ですよ。

……本当にハルヒってはた迷惑な娘だなあ。(^^;

投稿: とおりすがり | 2006年7月 5日 (水) 23:52

コメントどうもです。

そうでした。ハルヒにはうっかり手出し出来ないから
皆さん正体を隠して普通の高校生として振る舞っているんですよね~。

結局常識的に転校という事にしたんでしょうが、
それはそれでハルヒの機嫌を損ねて閉鎖空間を
発生させる事になるんですから始末が悪いです(苦笑)。

投稿: Peehyoro Acala | 2006年7月 8日 (土) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/10778118

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱 V」:

» 涼宮ハルヒの憂鬱 V [Old Dancer's BLOG]
 …寂しいよなぁ。結局、世の中にどれだけ人がいようとも、「自分」はちっぽけな人間、ただの「ひとりぼっち」。自分が世界から手を伸べられない存在なのだと自覚しちゃうと、途方もない疎外感を覚えるじゃあないか。…ああ。…堕ちていく。そんなことを考えていると、妹を名乗るアンドロイドが僕に言うのです。「お兄さま、あなたは堕落しまs  先週放映の「ライブアライブ」が、ハルヒにとって「光」の極み側に位置するのだということを、これでもかと認識させられましたね。変わって今週はハルヒにとっての「影」の極みなのでしょ... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 22:43

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱V」感想 [nekoyama01-blog]
えっ?!長門ご飯食べるのですか?! もしかしてお手洗いとか行くんですか?! 長門はアイドルよろしくお手洗いに行かないと信じてたのに(笑) そんな…、あんまりだよ…。 まったく、そんな機能はいらねぇ〜〜〜っ!! マンションの管理人の声優が青野武ではありませんかっ!! 「善意のトレスパス」を思い出してしまったよorz あと疑問に思ったのはタクシーの運転手が、執事に見えたのは私だけですか?... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 23:19

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱V」感想 [nekoyama01-blog]
えっ?!長門ご飯食べるのですか?! もしかしてお手洗いとか行くんですか?! 長門はアイドルよろしくお手洗いに行かないと信じてたのに(笑) そんな…、あんまりだよ…。 まったく、そんな機能はいらねぇ〜〜〜っ!! マンションの管理人の声優が青野武ではありませんかっ!! 「善意のトレスパス」を思い出してしまったよorz あと疑問に思ったのはタクシーの運転手が、執事に見えたのは私だけですか?... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 23:21

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 [King Of ヘタレ日記]
■涼宮ハルヒの憂鬱■ [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 02:50

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ」 [恋華(れんか)]
涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ」 あとハルヒも2話残すのみ。ラストにつながる話しはこんな内容です。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 06:56

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ」 [今日もコレクト!]
涼宮ハルヒの憂鬱 (2)posted with amazlet on 06.07.02ツガノ ガク 谷川 流 いとう のいぢ 角川書店 (2006/06/23)Amazon.co.jp で詳細を見る 今回の主役は古泉。 話している内容はとても高校生じゃないですよね。いろいろと謎の多い古泉ですが、どこまで彼の正体に迫れるの...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 23:17

« ARIA The NATURAL 第11話 「その 大切な輝きに…」 | トップページ | ガンバの冒険 第12話 「祭りだ喧嘩だ大騒動」 »