« ARIA The NATURAL 第9話 「その 素顔の星たちは…」 第10話「その あたたかな街と人々と…」 | トップページ | ガンバの冒険 第11話 「ぺてん師トラゴローを追え!」 »

2006年6月17日 (土)

涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」

なんと、特撮ヒーロー物に例えるならアバンタイトルで怪人に食い殺される通行人Aに相当するやられ役だと思っていたコンピ研部長が三度目の登場!!。いやあ驚いたです。もうセミレギュラーですね…。
KBS京都 2006/06/13(Tue) 01:30-02:00(JST)

と、言う訳で今回は、あのハルヒに恐喝されてパソコンを明け渡したコンピューター研究会のメンバーが、自分たちの作ったゲーム「The Day of Sagittarius III」で決闘を挑むというお話でした。
どうやら宇宙艦隊戦のシミュレーションゲームらしいです。

個人的に特筆したいのは、部長が決闘を申込んだ時に、ハルヒが見事なドロップキックを決めた所。いやあ、ぜひ吉永双葉@吉永さんちのガーゴイルと勝負させたいです。なんというかこの人、こういう事になると生き生きとしてますね。

で、決闘の日は一週間後。もしSOS団が決闘に勝った場合はコンピ研からさらに追加でノートパソコンを進呈、コンピ研が勝った場合はあの強奪パソコン返却に加えてSOS団から部員をひとり引き渡すということになります。

という事で特訓をするSOS団の一同ですが、皆さん予想通りですね。
ハルヒは相変わらず戦略も戦術も無く突撃の一つ覚えだし、みくるは徹頭徹尾ポンコツだし、役に立ちそうかと思っていた有希はそもそもパソコンの使い方自体知らないし…。

そして決闘の日。一同が本当に宇宙戦艦に乗っているイメージ映像と共に戦いが開始です。なんというか、昔の『ゲームセンターあらし』を思い出した私。年がばれるぞ~。

この艦内のイメージがまたそれぞれの性格を反映してますね。みくるの艦にはねこマンがいっぱい居てなんともいえないポンコツ感を醸し出してるし、有希は有希ばっかりいっぱい居るし。

で、戦いはやはりSOS団不利に進みます。こういうゲームに不慣れなメンバーだというのもありますが、実はコンピ研が不正をしていたんですね。
で、有希はこれを是正するべくプログラムを書き換えていました。いや、パソコンの使い方も知らなかった有希がたった一週間でここまで進歩するとは。
こいう所を見せられると、やはり彼女は人間ではないのだなと思ってしまいます。

もっともこちらに有利になるような不正はしていません。あらかじめキョンに正々堂々戦うように言い含められていた事も有りますが、それ以上に彼女に人間らしい想いが育ってきているせいもあるんでしょうね。

そんなこんなでSOS団は逆転勝ち。コンピ研側は、賭けていたノートパソコンをSOS団に進呈します。
一方SOS団は部員を取られなくて良い事になった…はずですが、戦いの時に有希が楽しそうにしていた事に気付いたキョンの口添えにより、有希がコンピ研準部員になる話が纏まってしまいました。

なんというかキョン、最後の最後でおいしい役をさらっていきますね。カマドウマの回の時も思いましたけど、表情に乏しい有希の心を察してやれる男前っぷりはさすがです…。

さて、今回は古今東西のあらゆるスペースオペラ、戦争アニメのパロディが満載らしいんですが、私は不得意分野なんで、ここでの言及は避けておきます。
わかったのはモザイクの掛かったファーストガンダムとか「落ちろ 蚊蜻蛉」くらいです。

さて、次回は第12話。珍しくハルヒとキョンが一致しましたね。しかもマクロス7のパロディだし~。

|

« ARIA The NATURAL 第9話 「その 素顔の星たちは…」 第10話「その あたたかな街と人々と…」 | トップページ | ガンバの冒険 第11話 「ぺてん師トラゴローを追え!」 »

コメント

「怪人に食い殺される通行人A」
いい例えですね。通行人Aからセミレギュラー、さらにはハルヒの下僕その5にまで昇格!

ちなみにFSSだとそういうキャラが結構おおかったりします。
金で雇われた三流騎士 => 3代目『黒騎士』
傭兵騎士団の雇われ騎士 => ノイエシルチス青騎士団団長 兼 アルカナナイト
ただの女たらしヒッター子爵 =>『剣聖』ダグラス=カイエン
などなど。主役からして
通りすがりの美少年 => AKDの専制君主 => 全知全能の神

「わかったのはモザイクの~」
ヤマトのデスラー総統を知らない?

これが、若さか…… orz

投稿: 通りすがり | 2006年6月21日 (水) 21:59

通りすがり様コメントASANTE~!

部長さん、いや全く大出世ですよね~。
初登場の時にはどうってことのなかったキャラが、
後に意外な活躍を…というと、たしか朝倉さんの時もそうでしたね。
だとすると、実は部長にも何か裏にものすごい設定があるのでは…なんて期待しています。

>ヤマトのデスラー総統を知らない?
>
>これが、若さか…… orz

いえいえ、別に若くて知らない訳でなくて(ちなみにサザエさんが始まった年の生まれ)、
単にスペースオペラとかが不得意分野なんです。

『宇宙戦艦ヤマト』もあまり見た記憶は無いですね。
デスラーというと、『パタリロ!』のパロディなんかによく出てきた
「会いたかったよヤマトの諸君」とかなら知ってますが。

あとダジャレを言ったかなにかした部下を宇宙に放り出して
「私は下品な男は嫌いだ」みたいな事を言った場面の記憶も有るんですが。
あれはブンドル@ゴーショーグンだったかな?

投稿: Peehyoro Acala | 2006年6月22日 (木) 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/10561801

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」:

» 射手座の日 [Old Dancer's BLOG]
 ち~ち~んぶいぶい。ち~ち~んぶいぶい。ち~ち~んぶいぶい。い~つ~ま~で~も~ぶいぶい。ど~こ~ま~で~も~ぶいぶい。さぁ、ち~ち~んぶいぶい。ち~ち~んぶいぶいぶいb (ショスタコービッチ交響曲第7番作品60「レニングラード」第一楽章より)  最初っから最後まで見所満載!各所に仕込まれたパロディの数々(私にはごく一部しかわかりませんでしたけど、ヤマトやらZガンダムやら銀英伝やら、ありとあらゆる戦争アニメのるつぼでしたねぇ)に腹を抱えて笑い転げながら、あっという間に過ぎ去る二十数分!そし... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 14:06

» ■涼宮ハルヒの憂鬱 第11話「射手座の日」 [ゆかねカムパニー2]
 有希ってば、コンピ研に行かされる(売られちゃう)のが嫌で頑張っていたのかと思ったら、別にそういうわけじゃ無かったみたい。  むしろ、コンピュータ、気に入ったん [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 14:35

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」感想 [nekoyama01-blog]
いきなり疑問に思ったことを一つ。 「閣下」はどれくらいの階級の相手に言うものなのだろうか。。 特に軍隊系で聞くことが多いのだが、どれくらいの階級以上とか決まりがあるのかな? 「イエス、マム」と聞くとどうしても「ふもっふ」を思い出してしまうのは私だけか(笑) そういえば、五目並べは先攻の方が絶対勝つものなのですよね…。 オセロは後攻が絶対勝つものですし。 そのことに気付いた瞬間一気に今までのことが馬鹿らしくなってきて、何だか悲しい気分にさせられたことはないだろうか? ヒロイン... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 23:07

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話「射手座の日」 [今日もコレクト!]
涼宮ハルヒの憂鬱 ラジオCD(仮)posted with amazlet on 06.06.16ラジオ・サントラ ランティス (2006/07/05)Amazon.co.jp で詳細を見る ハルヒ「来たわね。敵を殲滅するわよ、全艦戦闘配置!」 突然なんだこの展開は・・・ どうやら今回はSFのようですね。艦隊を指揮して...... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 23:10

» 落ちろ、カトンボ - 『涼宮ハルヒの憂鬱』#11「射手座の日」 [Syu's quiz blog]
 サッカーワールドカップの影響で、私が視聴している放送局では、放送日が2日遅延。... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 01:31

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話「射手座の日」 [恋華(れんか)]
涼宮ハルヒの憂鬱 第11話「射手座の日」 今回も面白かったです。コンピ研がSOS団に勝負を挑む   [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 15:07

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 [King Of ヘタレ日記]
■涼宮ハルヒの憂鬱■ [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 16:09

» 涼宮ハルヒの憂鬱第11話 「射手座の日」 [腐麗蝶の柩]
ハルヒ影薄いよ!何やってんの ↑をクリックすると拡大表示します ???? このアニメはハルヒ株を上げる為の代物じゃなかったの? 帽子屋は歓喜狂乱でしょうけど… *マジすみ... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 17:43

» (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版 季節は秋・・・文化祭も終わり平凡な日常に戻ったキョンは、今日もSOS団の部室で退屈な時間を過ごします。ところが、そこへ部室のドアを叩くものが・・・ドアを開けると、コンピュータ研の部長が姿を見せキョンに自分達が開発したと言うゲ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 00:24

« ARIA The NATURAL 第9話 「その 素顔の星たちは…」 第10話「その あたたかな街と人々と…」 | トップページ | ガンバの冒険 第11話 「ぺてん師トラゴローを追え!」 »