« 青春ラジメニア (2006/05/07) | トップページ | ガンバの冒険 第6話 「たのしいたのしい潜水艦」 »

2006年5月14日 (日)

ARIA The NATURAL 第5話 「その 雨の日の素敵は…」 「その 春にみつけたものは…」

おお、楽太郎師匠が代々木アニメーション学院のCMを…って、ツッコむとこ違いますがな~!!
テレビ大阪 2006/05/10(Wed) 02:05-02:35(JST)

今回は、前シリーズ8話と同じく二話構成でした。名付けて「豪華二本立てアリシアさんお出かけスペシャル!!」…といっても時間は同じなんですけどね(笑)。
前半の舞台は、アクア入植時代に、日本民族に割り当てられた稲荷神社の島。 売店のおばちゃんが京都弁だったり千本鳥居が並んでいたりと、モデルは伏見稲荷じゃないかと思われます。

なんというか、『ひぐらしのなく頃に』を見ているせいか、最近私は神社というと怖いというイメージがあります。しかもお稲荷さんてなんだか怪しげな感じですよね。
聖天さんなんかもそうなんですが、神様なのに妖怪っぽいというか、不気味なんですよ。

天気雨の降る中、千本鳥居の中で灯里とアリア社長が出会った、美しくも怪しげな行列。それは「きつねの嫁入り」の行列でした。
あの時もし稲荷寿司を渡さなかったら、灯里たちは異界へと連れ去られていたかもしれません。

後半は、やはりアクア入植時代の鉄道を、アリシアさんとともに歩くお話。
もう廃線になった線路の上を、アリシアさんが灯里に見せたいものを探して歩きます。
結局道を間違えて辿り着けなかったのですが、思いがけず素敵なものを見ることができた…というお話。

そうそう、この時に灯里が例の ズントコポコペン♪ の歌を再び歌ってくれたのは嬉しかったです。

「道を間違えても、その先で、目指していたものよりもっと素晴しいものに出会える事もある」というお話は、心にしみ入りました。

|

« 青春ラジメニア (2006/05/07) | トップページ | ガンバの冒険 第6話 「たのしいたのしい潜水艦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/10060517

この記事へのトラックバック一覧です: ARIA The NATURAL 第5話 「その 雨の日の素敵は…」 「その 春にみつけたものは…」:

» ARIA The NATURAL 第05話 「その 雨の日の素敵は…」「その 春にみつけたものは…」感想 [nekoyama01-blog]
「その 雨の日の素敵は…」 灯里って一応日本人ですよね? ああ、出身マンホームということだから違うのかな。それともマンホームにはもう固有の文化というものがないのだろうか。 いまひとつマンホームの設定が不明です。 御婆さんの忠告がARIAと思えぬ描写でしたね(汗) なかなかの役者です。 結構お狐様たちって怖かったですけど…。 しかし、灯里にミステリーワールドへのエンカウント率は半端じゃないですね(苦笑) 「その 春にみつけたものは…」 アリア社長が蜂を見つけたとき... [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 12:36

» ARIA The NATURAL 第6話「その 鏡にうつる笑顔は・・・」 [恋華(れんか)]
ARIA The NATURAL 第6話「その 鏡にうつる笑顔は・・・」 また、放送時間変更ですか。今回は、アリスちゃんメインのお話です。 [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 15:49

» (アニメ感想) ARIA The NATURAL 第5話 「その 雨の日の素敵は…/その 春にみつけたものは…」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ARIA THE ANIMATION パーフェクトガイドブック 春も間近に迫ったここネオベネツィア。灯里とアリシアの休日の過ごした方とは・・・。それにしても新緑と太陽の光に輝く海水のブルーが美しい。こんな世界を旅してみたい。さて、今回の感想です・・・。... [続きを読む]

受信: 2006年5月16日 (火) 21:52

» ARIA The NATURAL 第5話「その 雨の日の素敵は…」「その 春にみつけたものは…」 [今日もコレクト!]
W録君の録画失敗により少ししか視聴出来ませんでしたがとりあえず感想です。 [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 04:50

« 青春ラジメニア (2006/05/07) | トップページ | ガンバの冒険 第6話 「たのしいたのしい潜水艦」 »