« ARIA The NATURAL 第5話 「その 雨の日の素敵は…」 「その 春にみつけたものは…」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第7話 「ミステリックサイン」 »

2006年5月14日 (日)

ガンバの冒険 第6話 「たのしいたのしい潜水艦」

KBS京都 2006/05/11(Thu) 07:15-07:45(JST)

潜水艦といっても前回ガクシャが作ったドラム缶船の事です。重心を間違えて船体のほとんどが水の中に沈んでいるだけで、浮いたり沈んだりとかはしない模様です。

ボーボの手料理(どうでも良いけど料理上手のネズミってどうよ)でパーテイーをしていた一同。やがて話題はノロイの事に…。ヨイショの右目の傷は、かつてノロイと戦った時のものだったのです。
彼が船乗りネズミのリーダーに成り立ての頃、アザラシ島で島ネズミを皆殺しにしていたノロイと遭遇、その爪で右目を奪われたのでした。

ガクシャに促されて話し始めたヨイショですが、どうも本当の事は言ってないようで…。「部下を守る為に勇敢にイタチたちと戦った」みたいな事を言っていましたが、実際にはノロイの眼力に押され、されるがままになったようですね。

その後、潜水艦はクジラと遭遇、しかしドラム缶製の潜水艦ではスピードが出ないために逃げる事も出来ず、クジラに潜水艦は破壊されてしまいます。

なんと、先週のラストで完成したのにもうですか…。
ほんと、波瀾万丈前途多難の旅ですな~。最初はこのまままっすぐノロイ島まで行けそうな雰囲気だったのに、とうてん丸にリンゴ箱、潜水艦と、みんな難破してしまってます。

なんとか島に流れ着いて一命を取り留めた一同ですが、ガンバとヨイショはけんかになってしまいます。まあ、そりゃそうだ。
しかしその島が岩礁にすぎず、満ち潮になれば沈んでしまうとわかり、となりの島まで泳ぐ事に…。

その途中でガンバは力尽きて沈んでしまうのですが、そんなガンバを救ったのはヨイショでした…。

とりあえず、「たのしいたのしい」なんて、サブタイトルに偽りありですね。

|

« ARIA The NATURAL 第5話 「その 雨の日の素敵は…」 「その 春にみつけたものは…」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第7話 「ミステリックサイン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/10071442

この記事へのトラックバック一覧です: ガンバの冒険 第6話 「たのしいたのしい潜水艦」:

« ARIA The NATURAL 第5話 「その 雨の日の素敵は…」 「その 春にみつけたものは…」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第7話 「ミステリックサイン」 »