« 青春ラジメニア (2006/03/26) | トップページ | 青春ラジメニア (2006/04/02) »

2006年4月13日 (木)

銀河旋風ブライガー 第37話-第39話(最終三部作)

第37話 「木星破壊宣告(前編)」
第38話 「アステロイドの攻防(中編)」
第39話 「ABAYO(後編)」
GyaO 2006/04/07(Fri)-04/14(Fri)

ヌビアのカーメン企むは、木星破壊の大暴挙 人類存亡分かれ目に、命かけますJ9!
「さあこの始末、どう着ける」

と、言う訳で、あっと言う間の最終回でしたね。
3クールアニメを週3話やるんだから、そりゃ3ヶ月くらいで終わるのはわかってましたけど。

さて、素直な感想ですが、J9てあんまり活躍しませんでしたね(苦笑)。
始まった頃にもそんな事言いましたけど、やっぱり数人で巨大な犯罪組織をいくつも相手にするのはリアルじゃないって事ですかね。
コネクションを潰したのはカーメン率いるヌビアコネクションだし、大アトゥーム計画も阻止は出来なかったし、保護スクリーン作戦もJ9単独でやった訳ではないし…。

むしろカーメン・カーメンの方がよっぽど凄い人ですよ。太陽系を改造してしまうんだから。本当に、神に選ばれた男だったのかもしれませんね。

いや、むしろ時代の激動期に現れて、その後忽然と消えた事が、伝説を生んだのかもしれません。ひょっとしてディーゴたちがタイムスリップでもして本物のJ9に会ったら、意外とがっかりするかもしれない(苦笑)。

ともあれ、次回からは『銀河烈風バクシンガー』の配信がスタートするそうなので楽しみです。
私はこの作品の元ネタを調べる為に幕末に興味を持ち、新撰組のファンになったという経緯もありまして、それなりに思い入れも有るんです。

|

« 青春ラジメニア (2006/03/26) | トップページ | 青春ラジメニア (2006/04/02) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/9561053

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河旋風ブライガー 第37話-第39話(最終三部作):

« 青春ラジメニア (2006/03/26) | トップページ | 青春ラジメニア (2006/04/02) »