« DREAM PROJECT (2006/02/22) | トップページ | かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第七話 「みんなで海へ」 »

2006年2月26日 (日)

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第8話 「Croquet Ground」

KBS京都 2006/02/22(Wed) 01:45-02:15(JST)

今回の冒頭のシーンにはちょっと焦りました(苦笑)。きらはって、やっぱり「ああいう事」を有人に期待していたんですね~。しかしこの二人って、やっぱり血のつながった兄妹なんでしょうか?
いや、私の好みから言えば(誰も訊いてません)血のつながった兄妹の方がより「禁断の恋」って気がして好きなんですが。

で、有人と距離を取って頭を冷やすそうと考えるきらはですが、そこでよりによってキサの家に泊まりにいこうというあたりが凄いというか(笑)。多分、きらははキサが自分に対して友達以上の想い(当然性的なものも含めて)を抱いているなんて、気づいていないんだろうな~。
まあ、我々(複数形にするなというツッコミ禁止!)視聴者の望む様な傷心につけ込んで「今夜はキサが、きらはちゃんを慰めてあげますの…」的展開にはならなかったのは残念ですが。

さてさて、私は以前、アリス能力者の「心の物語」とは、「人格形成に影を落としている幼児体験」と解釈しましたが、今回のゲスト(今後も登場しそうですが)の須羽アスカによれば、醜い心を覆い隠す為に作られた現実逃避の為のものなのだそうです。
精神分析学で言う所の「昇華」の一種なんでしょうか。つまりは「幼児体験」そのものではないんですね~。心の物語を奪うと、その元となった辛い記憶も同時に失われるようです。
今回のやられ役・大神ミカの過去はかなり悲惨でした(子供の頃に猥褻行為をされたらしく、男性を憎悪している)。こういう場合、むしろ心の物語を奪って記憶を消す方が当人の為だとアスカは言います。
たしか、『ブギーポップは笑わない』でもそんなお話がありましたね。

キリカはアスカのの事を「いけ好かない」だそうで、まあ、いわゆるひとつの近親憎悪という奴ですな(自身アリス能力者でありながらアリス能力を冷徹に分析したりとか)。なまじっか似てるだけに余計癪に障るんでしょう。
ただ、キリカはアリス能力者たちを一歩引いた視線で見ているのに対し、アスカの方は他のアリス能力者たちを冷笑的に(つまりはかえって感情的に)見ているわけで、その差異は際立っていますね。

|

« DREAM PROJECT (2006/02/22) | トップページ | かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第七話 「みんなで海へ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/8835318

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第8話 「Croquet Ground」:

» 鍵姫物語”永久アリス輪舞曲(ロンド)” 第08話 「Groquet Ground」 [アニメ生活]
「普段から、これくらいの妄想かましてくれりゃあいいのに」 [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 13:56

» ■鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第8話「Croquet-Ground」 [ゆかねカムパニー2]
 行き場を無くしたきらはの思い、それもそろそろ限界になっちゃいました。  あんな夢を見ちゃうんだもん。  心に入り切らなくなった思いは、何処に行くの?。  アス [続きを読む]

受信: 2006年2月27日 (月) 23:30

» 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第8話「Croquet‐Ground」 [ はちみつ水。]
子安出なすぎ 今回のお話は、もうアレです。ギクシャクです。 キサちゃんが精神的に追い詰められてます。 あーあ。←もっと親身になってやって てか、有人ってありすのことマジだったんだな。おら知らなかったべさ。 で、どんどんありす能力者が増えてくもんで、おば....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 00:47

« DREAM PROJECT (2006/02/22) | トップページ | かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第七話 「みんなで海へ」 »