« 青春ラジメニア (2006/01/22) | トップページ | かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第三話「はずむの心、やす菜の心」 »

2006年1月25日 (水)

西遊記 第三巻 「夢の国」

新聞掲載時サブタイトル 「再会、母よ!夢かなう寺の怪」
関西テレビ 2006/01/23(Mon) 21:00-21:54(JST)

現実に背を向けて美しい夢を見続ける方が良いのか、現実の未来に希望をつなぐのが良いのか。なかなか難しいですね…。
三蔵も最後には現実を選びましたけど、結構、つらい選択だったんじゃないかな。

さてさて、まず今回は、現実を食べるバクという逆転の発想が秀逸だと思いました。その人が一番見たがっている夢と引き換えに現実をもらうという設定、『吸血姫美夕』みたいでよかったな~(というか、OVA版の美夕にもバクって出てきましたね)。

まあ、こちらのバクは、妖しい美少女でなく怪しい坊さんだったのは残念。

そうそう、今回三蔵は「しょうい」(小褘?)と呼ばれてましたね。実は史実の玄奘三蔵の本名(正確に言うと諱ですが)は陳褘(ちん・い)というんです。まさか原作を飛び越えて史実ネタを持ってくるとは。
ちなみに話はややこしくなりますが、原作では三蔵の本名は陳玄奘です。ついでに言うと、原作での三蔵の母親・殷温嬌は、少なくとも三蔵18歳の時までは健在でした。

|

« 青春ラジメニア (2006/01/22) | トップページ | かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第三話「はずむの心、やす菜の心」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/8340180

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記 第三巻 「夢の国」:

« 青春ラジメニア (2006/01/22) | トップページ | かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第三話「はずむの心、やす菜の心」 »