« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月26日 (月)

はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第13話(最終回) 「終わりよければすべて良し」

KBS京都 2005/12/26(Mon) 01:45-02:15(JST)

とりあえず言わせて被下。主人公が死んでる間に話がどんどん進展して行くって、往年の車田漫画かよっ!!

最終回のキーパーソンは黒暗天でした。あの納豆のおまじない事件、意外と恋する乙女の姿を見せたのが伏線だったんですね。「ソウルテイカー」の琉奈と同じような物で、悪の女神といいつつ人間的な感情も持っていて、だから亜麻乃を救おうとしたと....。

ところであの「妖霊星」って、結局異星人が地球に捨てた無茶苦茶危険な廃棄物だったんですね、要するに。そんなのに関わって何百年も因縁を引きずっていたとは、亜麻乃の不幸体質って、迫守一族の血統だったんですね~。

さてさて、「はっぴぃセブン」全体の総括ですが、やっぱり設定的に色々と説明不足がありましたね~。
菊之介と友也の因縁についても「弟を殺された」という衝撃的な内容の割に内容が全然語られてませんし、そもそもほとんど出番ありませんでしたよね。最終回では蚊帳の外だったし、実に惜しいキャラでした。
視聴者を原作に誘導するために敢えて謎を残したのか、単に脚本家が自分に分かってる事は視聴者も分かってると思い込んで説明しなかったのか。

原作由来のネタを使うならもう少し説明して欲しかった。
或いは、13話というコンパクトなシリーズを考慮して、原作由来の難しい設定は全部取っ払い、亜麻乃主人公と割り切っての「ちょっと不思議なオカルトラブコメ」路線でも良かったと思う。

いずれにせよ、アニメはアニメとして完結して欲しかった。私は、さすがに原作に手を出す気は、今のところありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

Rozen Maiden träumend 第3話 「金糸雀 Kanarienvogel」

毎日放送 2005/12/25(Sun) 02:59-03:29

今回は何故か放送時間が半端に4分遅れでした。

昔「少女革命ウテナ」に「かしらかしら御存知かしら」なんて口癖のキャラがいたな~なんて事を思い出しました。
今回のゲストは金糸雀。「~かしら」という語尾が口癖の薔薇乙女。「ローゼンメイデン一の頭脳派」を、あくまでも自称しているだけのものすごいドジっ娘。しかも彼女が最後の薔薇乙女だったんですが、みんなに存在を忘れられていたようです(苦笑)。

が、ともあれこれで薔薇乙女全員が一同に会した訳で、薔薇水晶の言うとおり、本当のアリスゲームがスタートします。

ところで今回は、家に侵入した金糸雀を探して真紅たちが探偵気取りで捜査をするシーンがありましたが、真紅が「くんくん変身セット」なるものを身につけて闊歩するのが笑えました。
こういうなりきりグッズに人形サイズがあるのかと驚きましたが、よく考えると変身サイボーグみたいに素体人形に着せるためのものなのかも知れない。

あと、山本君も再登場、金糸雀のピンポンダッシュの巻き添えを食って翠星石に水を浴びせられるという、相変わらずの「活躍」を見せてくれて、私としては大満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NHK正月時代劇 新選組!! 土方歳三最期の一日』トークショーin京都駅ビルに....

....行けませんでした(号泣)。

本日14:00-15:30に、京都駅ビル室町小路広場にて、山本耕史さん、照英さんを迎えてのトークショーがありました。
で、私も見たいなと思って行ってみたのですが、13時過ぎにはもう満席で、エスカレーターから伊勢丹の出入り口から全て閉鎖されていました。

せめて声だけでも聞きたいと思って、空中経路やら何やらその周辺を色々回ってみたのですが、上手く聞き取れないどころかステージもろくに見えない状態で、結局諦めるしかなかったです....。

ううっ、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

ケロロ軍曹 第90話 「ケロロ メリークリスマスが言えなくて であります」

テレビ大阪 2005/12/23(Fri) 18:00-18:30(JST)

ところでケロロ小隊が本部から「ペコポン侵略の成果を目に見える形で示せ」といわれて慌てふためくってお話、今までにも結構あったように記憶しています。夏美が捕虜になったというお芝居をするというお話もありましたよね。
今回もそんな事を依頼されてましたが、さすがにもうこりごりの様で、即答で断ってしまいました。

まあ、日向家でほとんど侵略忘れて平和に共存している皆さんですから、そういう展開はよくあって当然とも思うんですよ。そしてそれが「モア 不思議の国のモア であります」の時の様に、地球を人知れず救う時もある....。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月19日 (月)

はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第12話 「妖しき霊の星」

KBS京都 2005/12/19(Mon) 01:15-01:45(JST)

久々に小林清志さんのナレーションで始まりましたね。実に第一話以来です。このお話には、鎌倉時代終末期にまで遡る因縁があるようで。
友也と菊之介にもなにやら過去に因縁があるようです。友也は菊之介に弟を殺されたとか、かなり深刻なお話の様ですが、あと一話でその辺りの説明はされるんでしょうか?

さて、亜麻乃の秘密ですが、どうやら彼女は学園の地下にあるという妖霊星の力の鍵になっているとか。そして、亜麻乃の心を揺さぶる事によって封印は解かれるというわけで、友也はあの淑女同盟の事を教え、遂に妖霊星の力を解き放ちます。
開運研究会のメンバーは今回それを初めて知りましたが(太平記に何か手がかりがあったらしい)、やはり何かあるとは気付いていた様で、淑女同盟の事を言わなかったのも極力亜麻乃を刺激しない様にという配慮だったのでしょうか。或いは、入部を許したのも、監視下に置くという意味合いがあったんでしょうか。

さてさて、次回はいよいよ最終回。サブタイトル通り『終わりよければすべて良し』となりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

Rozen Maiden träumend 第2話 「槐 Enju」

毎日放送 2005/12/18(Sun) 02:55-03:25(JST)

薔薇水晶との戦いで、厳しい現実に直面した真紅。早速引き籠もりモードの真紅に説教を垂れるジュンにいつつか苦笑したのは私だけでしょうか?

アリスゲームの現実、それは薔薇乙女全員にとっての問題だと蒼星石は言いますが、実は彼女にもその「現実」は分かっていないのかもしれない。真紅と違って蒼星石は、まだ姉妹を手にかけた事はないはずですから。

さてさて、今回は巴の紹介で槐という人形師の男性が登場しました。なんというか、細っこい体つきの中性的な御仁で、(アキバ的な意味でなく)いかにも人形好きって感じのキャラでいいですね~。彼も今後、物語に深く関わってきそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

ToHeart2 第11話「満開の八重桜」

KBS京都 2005/12/17(Sat) 01:30-02:00(JST)

ヒロインもおおよそ揃ったという事で、全員集合、ついでに次回は総集編らしいです。しかし1クールアニメで総集編てあなた~。

環は、この春から貴明に関わった女の子達を訪ね、野点への招待状を手渡します。花梨やるーことは、例のミステリ研の天体観測会で面識がありますし、姫百合姉妹の存在は雄二経由で知った模様。

そして野点の席で「うちの孝明....」って、ひょっとして婚約発表の上で他のヒロインに勝利宣言?。いや、タマ姉って旧家のお嬢様だし、婚約発表とかそういう事もありかなって。

ちなみにその野点の日付は5月4日、劇中でこの日を「しあさって」と言っていますから、招待状を配ったのは5月1日という事になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月16日 (金)

ケロロ軍曹 第89話 「ギロロ 七つの顔の男だぜ であります」 「冬樹 盛り上がれ! オカルト大会 であります」

テレビ大阪 2005/12/16(Fri) 18:00-18:30(JST)

「ギロロ 七つの顔の男だぜ であります」
ギロロが例によってクルルの発明品の誤作動で七人に分裂するというお話。
元ネタは「七人のナナ」ですね。分裂した人格とその名前も七人のナナを踏襲しています。
ついでにギロぽんが夏美の告白したのも丘の上の狩れてしまった枯れない桜....ではなく万年桜でした。
最近、このお話のパロディの切れの悪さを嘆いていた私ですが、今回は納得でした。

「冬樹 盛り上がれ! オカルト大会 であります」
こちらはオカルト研の存続をかけて、西澤さんが「第1回オカルト大会」なる物をでっち上げるお話。
これに優勝して実績を上げれば部が存続できる....という事ですが、いやしかし、なかなか白熱したバトルでした。心霊写真鑑定に古代文字(神代文字?)解読にダウジングと、なかなか楽しそう。
私も結構こういうの好きですので(ムー民歴早22年)。っていうか、ああいうオカルトかぶれの中学生があんなにいたとは(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

只今鑑賞中アニメ&特撮 (2005年12月編)

色々思う所あって、12月から形式を変更します。当初の予定(ウィキペディア等への投稿文の草稿)を大きく外れてアニメ感想ブログになってしまったので。
カテゴリーも改変します。アニメ感想なんかは、タイトル別にカテゴリーを作ろうと思います。

で、鑑賞中アニメですが、ソウルテイカーが終わって代わりにローゼンメイデンが始まったので、以下の様になります。


はっぴぃセブン ~ザ・テレビまんが~ KBS京都  01:15-
ブラック・ジャック 読売テレビ 19:00-


舞-乙HiME テレビ大阪 01:10-
ラムネ 関西テレビ 02:00-


D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ KBS京都 01:30-
ARIA The ANIMATION テレビ大阪 02:05-


ケロロ軍曹 テレビ大阪 18:00-


ToHeart2 KBS京都 01:30-
シュガシュガルーン テレビ大阪 07:00-
ウルトラマンマックス 毎日放送 07:30-
超星艦隊セイザーX テレビ大阪 09:00-
ふしぎ星の☆ふたご姫 テレビ大阪 10:00-
BLOOD+ 毎日放送 18:00-


地獄少女 毎日放送 01:55-
Rozen Maiden Träumend 毎日放送 02:55-
交響詩篇エウレカセブン 07:00-
魔法戦隊マジレンジャー 朝日放送 07:30-
仮面ライダー響鬼 朝日放送 08:00-
ふたりはプリキュア Max Heart 朝日放送 08:30-
サザエさん 関西テレビ 18:30-

はい、週に見るアニメ&特撮20番組は変わってません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第11話 「鬼の居ぬ間のウィ・ラブ・ユー」

KBS京都 2005/12/12(Mon) 01:15-01:45(JST)

今まで亜麻乃に遠慮して菊之介と距離を置いていた福娘の皆さん、亜麻乃が風邪で休んだのをきっかけに溜まっていた物が吹き出したのか(笑)みんなして菊之介のモーション掛けはじめます。

しかし、亜麻乃に淑女同盟の事を言わないのはなぜなんでしょ?
確か、黒暗天の脅威が去るまでは....という取り決めでしたし、「今は色恋沙汰所にかまけている場合ではない」との事なんでしょう。でも、ならば既に開運研究会のメンバーである亜麻乃にも淑女同盟を守らせるべきだと思うのですが。

取り敢えずガス抜き(笑)として、じゃんけんで勝った上位二名・くりやとたもんが菊之介とハッピーランドでデートする事になりました。
が、美々と寧々の連絡でそれを知った亜麻乃は、風邪にもかかわらずハッピーランドへ。なんと言いましょうか、恋するオトメ恐るべしというか、思春期街道まっしぐらというか。まあ、亜麻乃も実はここで菊之介とデートしようと思っていたから、その分「捨てておけぬ」と思ったのでしょう。

都合よく(苦笑)ハッピーランドには禍ツ神がいたので(ちなみに菊之介は独自に極秘調査していた)、デートの件もなんとか禍ツ神のせいにして、亜麻乃には福娘の菊之介への想いはばれずにすんだのでした....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

Rozen Maiden träumend 第1話 「薔薇水晶 Rozenkristall」

毎日放送 2005/12/11(Sun) 02:55-03:25(JST)

はい、OPが始まった時「あれ?今週もソウルテイカーだったっけ」と思ってしまいました。あのシュールな色遣いが似てるんですよ~。

さてさて、時期は夏休み前でしょうか。っていうか、最近のアニメって、秋~冬の放送でも平気で夏休みのお話にしてしまいますね。まあ、季節を真逆にしてしまった「魔法少女プリティサミー」に比べればよりはまし....なのかな(苦笑)。
前作では家からもろくに出られなかったジュンは、図書室登校ながら学校に通える様になった様で、雛苺や翠星石や蒼星石は相変わらず仲むつまじく微笑ましい(本人達はそうはおもってないでしょうが)日々を送っています。

穏やかな、あくまでも平和な日々の中、ひとり真紅だけが思い悩み、悪夢にうなされる日々を送っています。
やはり、妹の水銀灯を倒した事に対する自責の念があった様で。

そんな彼女に追い打ちを掛ける様に、ずっと眠っていた薔薇乙女 薔薇水晶が現れます。全ての薔薇乙女が甦り、いよいよ真紅達はアリスゲームという現実から目を背けられなくなります....。
そう、そもそも彼女達は、最後の一人になるまで戦って最後に生き残った者が「アリス」になるという目的のために作られたのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

ToHeart2 第10話「約束」

KBS京都 2005/12/10(Sat) 01:30-02:00(JST)

今回は姫百合姉妹三部作の最終回、という事でいいのかな。ヒロインはHMX-17αイルファ。
たしかマルチが12でセリオが13だったから、『ToHeart』からそこそこ時間が流れている模様。でも、『R』に出てきた姫百合姉妹は今と大して変わらない年格好でしたし、さてどうなんでしょ。

イルファは瑠璃の事を、殻に閉じこもっていた自分を外の世界に連れ出してくれた人として恩義を感じている様ですが、もしかして物凄くポジティブな勘違いなのかも....。例えば最初は嫌がらせのつもりで外に連れ出したのかもしれないし、或いは好意的に考えても、イルファに手が掛からなくなったら珊瑚もまた自分の方を振り向いてくれるという下心があったのかも....。
そのイルファが、恩返しのつもりか姫百合家にやってきたのは、瑠璃にとってはお邪魔虫以外の何者でも無かった。確か、瑠璃は姫百合家の家事担当で、それを珊瑚にとっての自分の存在意義と考えている節があるから。まあ、瑠璃も本質的に悪人という訳ではないので、イルファの純粋な想いを認めてくれた様です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 9日 (金)

本日の鑑賞アニメ (2005/12/09)

ケロロ軍曹....を見逃しました~(泣)。ビデオの予約を忘れちゃったのよ~~。今回は久々にダンス☆マン&ダソヌ☆マソが出てきたというのに。

ああ、どなたかビデオ、ダビングしてくださいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #23 「沈黙の夏」

KBS京都 2005/12/08(Thur) 01:30-02:00(JST)

さてさて、桜の木の魔法は、純一と彼をめぐる人々の心を変えるという形で発動しました。
純一と音夢は「兄妹にして恋人」。そのうちの「恋人」という部分だけが、まずは元サポート部隊諸姉の、次に純一と音夢の記憶から失われてしまいます。

しかし考えてみると、「兄妹でペアウォッチなんて....」という感覚の方が、常識的には遥かにまともなんですよね。もしかしてアイシアが感じていたのは、音夢の「兄妹にして恋人」という圧倒的な立場の有利さに対する機会不平等感。そしてそれに対して卑屈になっている(少なくとも彼女はそう見ている)元サポート部隊諸姉に対するじれったさだったのかな~と思います。

いえ、実は私も「兄妹にして恋人」という設定を(前作を見ていたというのもありますが)「そんなもんだろ」と特に疑問も無く受け入れていたので、アイシアのそういう「外部の視点」はむしろ新鮮でした。

そうそう、私はサポート部隊の記憶改変シーンを見て、「カードキャプターさくら」の審判のお話でユエがさくらに見せた幻を思い出しました。みんなが一番の「好き」という想いを失った世界は、一見常識的に見れば至極真っ当な世界。でも、異常恋愛のカタログみたいなこの作品にとってはそちらの方が異常という....。

さて、ダ・カーポシリーズの今回の結論はどうなるんでしょうか。残り話数はあと三話....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第10話 「掟破りのらっきいスリィ!」

KBS京都 2005/12/05(Mon) 01:15-01:45

今回開運研究会にやってきた少女・トモミは、何故か最近急に誰も信じられなくなったと相談してきます。一方亜麻乃は、開運研究会に取材に来た美々と寧々が、やたらと菊之介の事を聞きまくる事に不審の念を覚えます。
トモミの方は例によって禍ツ神の仕業なのですが、亜麻乃の方は本当に疑心暗鬼なわけで、今回も前回と同じく「全ての不幸が全て禍ツ神のせいとは限らない」という様なお話でしたね。

で、今回は黒暗天が反転の力なるものを使ったために亜麻乃の力が発動して、亜麻乃と美々、寧々がらっきいスリィなるヒロインに変身し、禍ツ神を倒してしまいます。
しかし「反転の力」で正義のヒロインが登場するという事は、実は亜麻乃の力は邪悪なのではないかという疑念が出てきました....。

ところでこのらっきいスリィ、変身シーンがえらく凝っていたのに驚き。もしかしてまた出てくるのかな~。
いや、こんな凝ったバンクシーンを作ったんですもの、多分出てきますとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

The SoulTaker~魂狩~ 第13話(最終回) 「少女地獄変」

毎日放送 2005/12/04(Sun) 02:55-03:25(JST)

前回も思ったけど、琉奈も人間的な感情をもっているが故に、人間を憎む様になったという訳ですね。
フリッカーがみんな人間的だったから、その生みの親である琉奈も人間的なはずだ....という小麦の台詞に思いっきり納得。
まあ、結局京介は彼女を倒すしかなかったんですが。

しかしまあ、2005年になってこの作品を見ることができたのは、大変嬉しい事でした。
確か、WOWOWで最初に放送されたのは2001年でしたね。当時私は、久々のタツノコハード路線ヒーローだったり、JAM  Projectが主題歌を担当していたりと、この作品には注目してまして「是非見たい」と思っていたんですよね。
でもなにせ有料放送故、諦めていたんです。
それがまさか4年も後になって地上波で放送されるとは....。本当に、毎日放送様には感謝の言葉もありません。

あ、ところで「ナースウィッチ小麦ちゃん」の方は、放送の予定ありませんか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

シュガシュガルーン ルーン23 「走れ走れ!友情リレー」

テレビ大阪 2005/12/03(Sat) 07:00-07:30(JST)

いやあ、秋のスポーツシーズン....というにはいささか遅い時期ですが、今回のお話は、なかなかに青春でした。
綾乃と佐紀子は、競走で今までずっと競い合っていたライバル同士。そんな二人が今年は同じチームでリレーに出る事になりました。そして佐紀子はもうじき引っ越ししてしまうので、これがふたりの最初で最後の共闘になるのです。

実は、ショコラもふたりと同じくリレーの選手に選ばれていたのですが、もともと努力とか根性とかが大嫌いなショコラ、ハートを奪うためにと思ってなんとか練習を始める有り様でした(苦笑)。
しかし、綾乃と佐紀子の事を知ってからは、ふたりを応援しようと色々と努力を始めます。

ちなみにその努力の中には、怪我をした佐紀子を走らせるために魔法のシューズを履かせるというのもありました(苦笑)。いや、そのシューズは男性にしか効かないものだったので、結局どうという事はなかったのですが、もしこれで彼女が優勝していたらと思うと、ちょっと、ほっとしました。せっかくの二人の共闘に、水を差す事になってしまいますからね....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ToHeart2 第9話「ふたり」

KBS京都 2005/12/03(Sat) 01:30-02:00(JST)

「さんちゃんの『好き』はうちの『好き』とちがう! 」って、あんたはどこの大道寺知世ですか!!

今回は姫百合姉妹編パート2、ヒロインは姫百合瑠璃。
いえね、本当に知世だなあと思う訳ですよ。好きという気持ちはどうしようもなくて、でも姉妹という関係ゆえに踏み込めないというあたり。姉妹というのは強い絆だけど、それだけにそれ以外の関係性を構築しようと思うと強い障害になる。
さりとて今の姉妹という関係を破壊して恋人になれるかというと、そもそも珊瑚の方は自分の事を妹としか見られない訳で、無理強いは出来ない。だから「分かってくれへんもん。分かって欲しないもん」となる訳で。

今回は、珊瑚の顔を立てるつもりか貴明と瑠璃は仲直りした様ですが、きっと心の内側の葛藤は、解決される事は無いんだろうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 2日 (金)

ケロロ軍曹 第87話 「ケロロ 祝え!ハッピーバースデイ であります」 「モア 不思議の国のモア であります」

テレビ大阪 2005/12/02(Fri) 18:00-18:30(JST)

もし本当に今日がドドーンと一本で、しかも本当にみんなが軍曹の誕生日を忘れていた&知らなかったらさぞ鬱展開になっていて面白かっただろうなと思ってしまった。私もどんどんクルル化が進行しているなあ。

後半は、モアの目を通して描く日向一家の日常....という解釈でいいのかな。まあ、モアは冬樹たちをああいうふうに見ている、という事で。
どんな相手でも、あくまでも博愛の精神をもって受け入れている日向家のみんなの姿がジュリー人たちの地球人への印象を良くし、文字通り「人知れず」地球を救っていた....と考えるとなかなか奥の深いお話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

ARIA The ANIMATION 第9話 「その 星のような妖精は…」

テレビ大阪 2005/12/01(Thur) 02:05-02:35(JST)

藍華やアリスとの会話の中で、伝説のウンディーネの事を知った灯里。っていうか、アリアカンパニー創業者の事なのに、知らなかったのは灯里だけ....。で、その創業者の話を、彼女の一番弟子だったアリシアに聞こうと思った三人は、あっさりと「本人に会ってきたら」と勧められます。

今回のゲストはグランマ。本名は不明ですが、アリアカンパニーの創業者なんだから、この人がアリアさんである可能性大です。
一線を退いた今、彼女は内陸にある、どこか日本の田舎の様な風情の里山に住んでいました。

秋真っ盛りの中、三人がイモやクリを収穫している辺りはいかにも日本の秋という感じで癒されました(笑)。いつもの水の都ネオヴェネツィアよりこういうのに癒される辺り、やっぱり自分は日本人なのだと実感した次第。

なんだか遊んでばかりで修行も勉強も出来なかったと不満げな藍華。グランマはそんな彼女に対し、自分の自慢の弟子にして藍華が憧れているアリシアを引合いに出し、「楽しむ」という事の大切さを説きます。
これは、以前アリシア自身が言っていた言葉でもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #22 「みんなの時間」

KBS京都 2005/12/01(Thur) 01:30-02:00(JST)

先週ラストで描かれたアイシアとさくらの対決は一時中断。登校日での穏やかな「みんなの時間」。何故か生徒じゃないさくらや音夢、萌までが制服姿になってますね(苦笑)。健次@ラムネなら「これだから田舎の学校は」とか言う所でしょうか。
そして肝試し大会。脅かされ役は純一と音夢の二人だけで脅かし役が大人数の大会なんですが。

しかし、アイシアが煮詰まってる所に悪ふざけが過ぎましたね。
もっと冷静な時の彼女なら、みんなが必ずしも無理をして笑っている訳でないという事に思い当たる事が出来たんでしょうが、さくらと決別して頭に血が上っている時だけに、あまりにもタイミングが悪かった。

さて、ついにあの桜の木につぼみが....いよいよです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »