« Rozen Maiden träumend 第3話 「金糸雀 Kanarienvogel」 | トップページ | ケロロ軍曹 第91話 「ケロロ 新年・新生ケロロ誕生 であります」「小雪 おばあちゃんがやってきた であります」 »

2005年12月26日 (月)

はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第13話(最終回) 「終わりよければすべて良し」

KBS京都 2005/12/26(Mon) 01:45-02:15(JST)

とりあえず言わせて被下。主人公が死んでる間に話がどんどん進展して行くって、往年の車田漫画かよっ!!

最終回のキーパーソンは黒暗天でした。あの納豆のおまじない事件、意外と恋する乙女の姿を見せたのが伏線だったんですね。「ソウルテイカー」の琉奈と同じような物で、悪の女神といいつつ人間的な感情も持っていて、だから亜麻乃を救おうとしたと....。

ところであの「妖霊星」って、結局異星人が地球に捨てた無茶苦茶危険な廃棄物だったんですね、要するに。そんなのに関わって何百年も因縁を引きずっていたとは、亜麻乃の不幸体質って、迫守一族の血統だったんですね~。

さてさて、「はっぴぃセブン」全体の総括ですが、やっぱり設定的に色々と説明不足がありましたね~。
菊之介と友也の因縁についても「弟を殺された」という衝撃的な内容の割に内容が全然語られてませんし、そもそもほとんど出番ありませんでしたよね。最終回では蚊帳の外だったし、実に惜しいキャラでした。
視聴者を原作に誘導するために敢えて謎を残したのか、単に脚本家が自分に分かってる事は視聴者も分かってると思い込んで説明しなかったのか。

原作由来のネタを使うならもう少し説明して欲しかった。
或いは、13話というコンパクトなシリーズを考慮して、原作由来の難しい設定は全部取っ払い、亜麻乃主人公と割り切っての「ちょっと不思議なオカルトラブコメ」路線でも良かったと思う。

いずれにせよ、アニメはアニメとして完結して欲しかった。私は、さすがに原作に手を出す気は、今のところありません。

|

« Rozen Maiden träumend 第3話 「金糸雀 Kanarienvogel」 | トップページ | ケロロ軍曹 第91話 「ケロロ 新年・新生ケロロ誕生 であります」「小雪 おばあちゃんがやってきた であります」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144609/7867477

この記事へのトラックバック一覧です: はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ 第13話(最終回) 「終わりよければすべて良し」:

« Rozen Maiden träumend 第3話 「金糸雀 Kanarienvogel」 | トップページ | ケロロ軍曹 第91話 「ケロロ 新年・新生ケロロ誕生 であります」「小雪 おばあちゃんがやってきた であります」 »